「iPhone Xs Max」なんて名前はガッカリだ

慎重にブランディングしてきたはずなのに…

新しいiPhoneはさらに大画面化し、名前はなんと「iPhone Xs Max」?(写真は左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus:筆者撮影)

アップルは9月12日にカリフォルニア州クパティーノの本社内にあるSteve Jobs Theaterで、スペシャルイベントを開催することを明らかにし、プレスに招待状を送付した。招待状には「Gather round」というキャッチコピーとApple Parkを模したとみられる円形のイラストが、金色で描かれていた。

昨年、2017年も9月12日にイベントを開催し、iPhoneとApple Watchを披露した。2018年も同様に、iPhone 3モデルとApple Watchの新版が発表されるとみられている。

このスケジュールからすると、9月14日に予約が開始され、9月21日に発売されることになるだろう。発売日の前に、6月の開発者会議で発表されていたiOS 12、watchOS 5などの新OSも無償アップデートが開始されるはずだ。

今年もリーク合戦の様相

例年通り、アップルからの正式な発表以前から、新型iPhoneに関する予測が様々なメディアで報じられてきた。これらを総合すると、有機ELディスプレイを用いたiPhone Xの後継と、その大画面モデル、そして全画面液晶ディスプレイを備える廉価版の3つのモデルが用意されると考えられてきた。

招待状の送付と前後し、アメリカのアップル系ブログメディア「9to5mac」は、新型のiPhoneやApple Watchの画像を掲載した。その画像には、iPhone Xと大画面モデルが、招待状に用いられたような金色のボディで描かれている。

次ページゴールドモデルが追加か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。