「iPhone Xs Max」なんて名前はガッカリだ

慎重にブランディングしてきたはずなのに…

新しいiPhoneはさらに大画面化し、名前はなんと「iPhone Xs Max」?(写真は左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus:筆者撮影)

アップルは9月12日にカリフォルニア州クパティーノの本社内にあるSteve Jobs Theaterで、スペシャルイベントを開催することを明らかにし、プレスに招待状を送付した。招待状には「Gather round」というキャッチコピーとApple Parkを模したとみられる円形のイラストが、金色で描かれていた。

昨年、2017年も9月12日にイベントを開催し、iPhoneとApple Watchを披露した。2018年も同様に、iPhone 3モデルとApple Watchの新版が発表されるとみられている。

このスケジュールからすると、9月14日に予約が開始され、9月21日に発売されることになるだろう。発売日の前に、6月の開発者会議で発表されていたiOS 12、watchOS 5などの新OSも無償アップデートが開始されるはずだ。

今年もリーク合戦の様相

例年通り、アップルからの正式な発表以前から、新型iPhoneに関する予測が様々なメディアで報じられてきた。これらを総合すると、有機ELディスプレイを用いたiPhone Xの後継と、その大画面モデル、そして全画面液晶ディスプレイを備える廉価版の3つのモデルが用意されると考えられてきた。

招待状の送付と前後し、アメリカのアップル系ブログメディア「9to5mac」は、新型のiPhoneやApple Watchの画像を掲載した。その画像には、iPhone Xと大画面モデルが、招待状に用いられたような金色のボディで描かれている。

次ページゴールドモデルが追加か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。