「iPhone Xs Max」なんて名前はガッカリだ

慎重にブランディングしてきたはずなのに…

新しいiPhoneはさらに大画面化し、名前はなんと「iPhone Xs Max」?(写真は左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus:筆者撮影)

アップルは9月12日にカリフォルニア州クパティーノの本社内にあるSteve Jobs Theaterで、スペシャルイベントを開催することを明らかにし、プレスに招待状を送付した。招待状には「Gather round」というキャッチコピーとApple Parkを模したとみられる円形のイラストが、金色で描かれていた。

昨年、2017年も9月12日にイベントを開催し、iPhoneとApple Watchを披露した。2018年も同様に、iPhone 3モデルとApple Watchの新版が発表されるとみられている。

このスケジュールからすると、9月14日に予約が開始され、9月21日に発売されることになるだろう。発売日の前に、6月の開発者会議で発表されていたiOS 12、watchOS 5などの新OSも無償アップデートが開始されるはずだ。

今年もリーク合戦の様相

例年通り、アップルからの正式な発表以前から、新型iPhoneに関する予測が様々なメディアで報じられてきた。これらを総合すると、有機ELディスプレイを用いたiPhone Xの後継と、その大画面モデル、そして全画面液晶ディスプレイを備える廉価版の3つのモデルが用意されると考えられてきた。

招待状の送付と前後し、アメリカのアップル系ブログメディア「9to5mac」は、新型のiPhoneやApple Watchの画像を掲載した。その画像には、iPhone Xと大画面モデルが、招待状に用いられたような金色のボディで描かれている。

次ページゴールドモデルが追加か
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。