新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ

その瞬間、発表会場は静まり返った

iPhone XSシリーズは9月14日予約開始、9月21日発売となるが、iPhone XRは10月19日予約開始、10月26日発売とのスケジュールが発表された。

問題となるのは価格だ。

会場が凍りついた理由とは?

価格発表は、今回のイベントの中で、もっとも静まり返った瞬間だった。iPhone XRは749ドルから、iPhone XSは999ドルから、iPhone XS Maxは1099ドルという価格が発表され、会場内は凍りついた。

日本円ではiPhone XRが8万4800円、iPhone XSが11万2800円、iPhone XS Max 12万4800円(それぞれ税別)からという価格が発表されていたからだ。

iPhone XS Max(写真:アップル)

これまでiPhone Xの後継モデル価格は、100ドルずつ安いレンジが予測されていた。iPhone XRはiPhone 8 Plusよりも50ドル安い価格に設定されているが、iPhone XSは価格が据え置かれ、さらに100ドル高い価格となったのだ。

もちろん際限なく価格が上がり続けるとは考えにくいが、アップルはiPhone Xの成功に、999ドルという価格設定への自信を深めていることの表れ、と見ることができる。

ただし、この高止まりする価格設定が受け入れられるかどうか、という焦点を曖昧にする存在が、749ドルに設定されているiPhone XRの存在だ。

この749ドルのモデルがあるからこそ、アップルは999ドルのiPhone XS、1099ドルのiPhone XS Maxという思い切った値付けの高価格モデルをラインナップできたともいえるだろう。

デザインと機能の完成度は非常に高い。しかも個性を表現できるカラーバリエーションも取り揃えており、今回発表された3機種の中では、もっとも多くのユーザーに支持されるモデルになると予想できる。この「XR」に絞った分析は、別稿であらためて行いたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT