iPhoneに埋め込まれる「Facebook対策」の衝撃

「邪悪」と戦うアップルのメッセージとは?

WWDC 2018の基調講演に立つティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルが米国時間6月4~8日にカリフォルニア州サンノゼで開催した世界開発者会議「WWDC 2018」では、iPhone・iPad、Apple Watch、Apple TV、そしてMacの次世代ソフトウエアが公開された。アップルはこれからのテクノロジー、そして将来の製品、その使われ方について、どのように考えているのだろうか。

記事(速報!iPhoneがグンと便利になる新OSの全貌)(iPhoneの「中毒脱却機能」が秀逸といえるワケ)では現地から最速の情報をお伝えしたが、改めて、イベントのまとめを3つのキーワードで読み解いていきたい。

(1) iPhoneを育てつつ、しかしあまり見なくなる未来

アップルは今回、特にフェイスブックに対するアンチテーゼを強く発したように思われる。これは思想面だけでなく、機能面、ユーザーの行動など、多面的な主張と具体的な対策に表れている。

対策の対象は「フェイスブック」

簡単に言えば、アップルのメッセージは「うちのユーザーの時間と行動を、広告価値に変換するような邪悪なことをするな」ということである。その最大手として成長しているフェイスブックが、主要な対策の対象、というわけだ。

iOS 12に搭載されるScreen Time。日々のiPhoneの使用時間、アプリの使用時間、通知の回数、iPhoneを手に取る回数を記録し、何が原因でスマホ中毒に陥っているのかを知ることができる(筆者撮影)

ティム・クックCEOは基調講演で、ユーザーがどれだけiPhoneを使い、手に取り、通知を受け取っているのかを知る機能「Screen Time」を発表した。この説明スライドでは、使いすぎているアプリの上位にフェイスブックとインスタグラムが表示されていた。また使用時間を制限する機能「App Limit」で制限されたアプリはインスタグラムだった。

もちろんゲームや映像ストリーミングなどのアプリでも画面を見ることになるが、自分の意志に反して、通知をきっかけに見続けてしまうSNSをいかに食い止めるかに照準を合わせ、通知を知らせない機能の充実も図った。

次ページiOS 12はiPhoneユーザーの81%に利用される
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?