速報!iPhoneがグンと便利になる新OSの全貌

開発者会議「WWDC」で明らかになったこと

「iOS 12」を紹介するティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルはカリフォルニア州サンノゼで、米国時間6月4〜8日に世界開発者会議「WWDC 2018」を開催する。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもWWDC 2018の詳細なリポートをお届けします。購読申し込みなどの詳細はこちら

初日の基調講演会場には世界77カ国の開発者が集まり、中には学生スカラーシップで招待された若者も含まれていた。今回の基調講演では新製品の発表はなく、ソフトウェアを中心とした本来のWWDCらしい発表となった。

今回の目玉は、秋にリリースが予定されているiPhone・iPad向けの最新OS「iOS 12」だ。現在iOS 11を利用しているユーザーは、この新OSがリリースされれば、無料でアップグレードできる。

iOS 12には数々の新機能が用意されているが、おそらく多くのユーザーにとって最もうれしいことは、その動作の高速化だろう。iOS 12はiPhone 5s以降のデバイスで動作する。

アプリの起動は40%、カメラ起動は70%高速化する

これまで多くのユーザーが経験しているように、古いiPhoneと最新モデルで比較すると、その速度の低下にガッカリし、ストレスを感じてきた。

そうした不満を解消するため、iOS 12では、iPhone 6sで比較すると、アプリの起動は40%、キーボードの表示が50%、カメラ起動が70%高速化されるという。さらに共有ファイルの表示が2倍、アプリ起動も2倍に高速化され、今までの遅いiPhoneが見違えるようになることが予測できる。

ソフトウェアの動作の高速化は多くのユーザーにとってメリットが大きい。しかし、アップルが取り組んだ高速化はもっと別のアプローチが存在していた。

さまざまなアプリがSiriと連携し、必要な情報を提供してくれるようになる(筆者撮影)
次ページ目玉となる新機能は「ショートカット」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT