iPhone決済、使わないと損する多彩な裏技

Apple Payはデビットカード的にも使える

Apple Payをもっと便利に使う裏技を紹介していく(筆者撮影)

FeliCaが搭載されたiPhone 7、7 Plusが登場して以降、日本でもApple Payを使って買い物の代金や電車の運賃を支払うシーンを目にすることが徐々に増えている。ジャケットやパンツのポケットなど、取り出しやすいところにしまっておくiPhoneなら、支払いもスムーズで、現金のようにお釣りもいらないため、決済が速くて手軽。Suicaの場合、ディスプレーで残高をすぐに確認できるのも便利だ。

この連載の一覧はこちら

一方で、iDやQUICPayはクレジットカードと同じため、便利だからといって、いくら使ったかをきっちり管理しておかないと、使いすぎてしまうおそれもある。また、リアルな決済が注目を集めがちだが、Apple Payがオンライン決済にも使える点は、意外と見逃されがちだ。FeliCaを使っているため、日本だけは独自と思われるかもしれないが、同じApple Payに登録したカードを海外で使う方法もある。そこで今回は、Apple Payをもっと便利に使う裏技を紹介していこう。

Apple Payをデビットカード的に使う技

Apple Payで利用できるiDやQUICPayは、決済が素早くできてスムーズな半面、クレジットカードと同じで、いくら使ったかを把握しておかないと、翌月から翌々月に思わぬ請求が届くことになってしまう。普段あまりクレジットカードを使わないような少額決済にも活用できるだけに、細かく金額を把握するのは面倒に思われるかもしれない。

au WALLETとじぶん銀行を連動させると、デビットカードのように使った分が即時銀行口座から引き落とされる(筆者撮影)

使ったぶんの金額が即座に連動している銀行口座から引き落とされるデビットカードなら、こうしたクレジットカードの弱点をカバーできるが、残念ながら、現状、日本では、デビットカードをApple Payに登録することができない。代替案として、VISAやマスターカードブランドのついたプリペイドカードを登録しておくという手もあるが、プリペイドカードは事前にチャージが必要となり、資金の管理に少々手間がかかる。

このような悩みを解決する裏技がある。それは、プリペイドカードをデビットカード的に使うというものだ。KDDIが発行しているau WALLETプリペイドカードは、じぶん銀行と連動させることができ、決済時にau WALLETのチャージが足りないと、不足分だけがじぶん銀行から即時引き落とされる。つまり、au WALLETをApple Payに登録して、au WALLETの残高をゼロにしておけば、つねにApple Payで支払った分が、じぶん銀行から引き落とされるようになる。

次ページSuicaを経由するという手もある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT