iPhone決済、使わないと損する多彩な裏技

Apple Payはデビットカード的にも使える

Apple Payをもっと便利に使う裏技を紹介していく(筆者撮影)

FeliCaが搭載されたiPhone 7、7 Plusが登場して以降、日本でもApple Payを使って買い物の代金や電車の運賃を支払うシーンを目にすることが徐々に増えている。ジャケットやパンツのポケットなど、取り出しやすいところにしまっておくiPhoneなら、支払いもスムーズで、現金のようにお釣りもいらないため、決済が速くて手軽。Suicaの場合、ディスプレーで残高をすぐに確認できるのも便利だ。

この連載の一覧はこちら

一方で、iDやQUICPayはクレジットカードと同じため、便利だからといって、いくら使ったかをきっちり管理しておかないと、使いすぎてしまうおそれもある。また、リアルな決済が注目を集めがちだが、Apple Payがオンライン決済にも使える点は、意外と見逃されがちだ。FeliCaを使っているため、日本だけは独自と思われるかもしれないが、同じApple Payに登録したカードを海外で使う方法もある。そこで今回は、Apple Payをもっと便利に使う裏技を紹介していこう。

Apple Payをデビットカード的に使う技

Apple Payで利用できるiDやQUICPayは、決済が素早くできてスムーズな半面、クレジットカードと同じで、いくら使ったかを把握しておかないと、翌月から翌々月に思わぬ請求が届くことになってしまう。普段あまりクレジットカードを使わないような少額決済にも活用できるだけに、細かく金額を把握するのは面倒に思われるかもしれない。

au WALLETとじぶん銀行を連動させると、デビットカードのように使った分が即時銀行口座から引き落とされる(筆者撮影)

使ったぶんの金額が即座に連動している銀行口座から引き落とされるデビットカードなら、こうしたクレジットカードの弱点をカバーできるが、残念ながら、現状、日本では、デビットカードをApple Payに登録することができない。代替案として、VISAやマスターカードブランドのついたプリペイドカードを登録しておくという手もあるが、プリペイドカードは事前にチャージが必要となり、資金の管理に少々手間がかかる。

このような悩みを解決する裏技がある。それは、プリペイドカードをデビットカード的に使うというものだ。KDDIが発行しているau WALLETプリペイドカードは、じぶん銀行と連動させることができ、決済時にau WALLETのチャージが足りないと、不足分だけがじぶん銀行から即時引き落とされる。つまり、au WALLETをApple Payに登録して、au WALLETの残高をゼロにしておけば、つねにApple Payで支払った分が、じぶん銀行から引き落とされるようになる。

次ページSuicaを経由するという手もある
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。