要注意!Uberから個人情報が流出している

会社側は目をそむけているがいずれ大問題に

Uberのアカウントがハッキングされている!(写真:ロイター/アフロ)
東洋経済オンライン編集部では「テーマを絞った深いオリジナル情報」を読者の皆さまに直接お届けするメールマガジンサービスを開始しました。
第一弾はカリフォルニア州バークレー在住のITジャーナリスト、松村太郎氏のメルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」(サンプル「00号」はこちら)。米西海岸のイノベーション最前線に関心のあるすべての人にとって必読のメルマガです。9日に配信する「02号」ではアップルのプライベートイベント「WWDC 2017」の詳細リポートを中心にお届けします。その中にはUber(ウーバー)を巡る”スクープ”も。今回は、その一部分をサンプルとして無料配信します(お申し込みいただくとバックナンバーも含めて読むことができます)。

 

Uberは米国の生活では欠かせない「足」として定着しました。移動手段の中で、運行頻度の低いバスや鉄道以上の優先順位でUberを思い浮かべるほどになっています。しかし、そのUberを利用する上で、日本の皆さんも含めて、注意が必要な事案が発生しています。
それはアカウントのハッキングです。

ウズベキスタンの番号に改ざんされていた!

6月2日ごろ、筆者のUberアカウントの電話番号が、何者かの手によって、勝手にウズベキスタンの番号に改ざんされていることに気づきました。もしやと思って調べてみると、私のクレジットカードで、Uber経由の決済が立て続けに10件以上記録されており、アカウント情報がハッキングされたことに気づきました。

Uberを利用すると、登録したメールアドレスに乗車履歴が届きます。しかしメールアドレスは改ざんされておらず、筆者のカード番号を使って他のUberアカウントを利用していたことから、ハッキングに数日間気づきませんでした。

時を同じくして、先輩のジャーナリスト、林信行さんも、Uberアカウントのハッキング被害に遭っています。林さんの場合は、Uberアカウントのメールアドレスが改ざんされ、林さんのアカウントで、ロシア方面で勝手にUberが利用されていました。メールアドレスごと変更されていたため、林さんには利用履歴は残らず、またUberのサポートが、元々の林さんのアカウントを発見することも困難な状況です。

次ページサーバのアカウント情報がハッキング被害か
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。