中国が超速で「スマホ先進国」になれた事情

日本とはいったい何が違ったのか

中国ではスマホ購入の際のブランド志向が薄く、アップルやサムスン以外の自国産スマホを買うことも一般的だ(撮影:編集部)

スマホさえあれば、世界のどこよりも楽に暮らせるところ。それが中国だ。ある30代女性は夫と子供の三人暮らし。その生活は、朝から晩までとにもかくにも「スマホ頼り」だ。

朝:混んでいる電車には乗らず、スマホから車の相乗り予約アプリを利用して出勤。会社に着くと、同僚とはもちろん、顧客とのやり取りもSNSのテキストメッセージやビデオ通話で済ませる。

昼:ランチは出前アプリで、サラダなどのデリバリーを頼む。昼休みに同僚に薦められた生鮮食品配送アプリで、おいしそうなイチゴと野菜を故郷の実家に送るように注文。老眼で文字を読みづらい親に音声メッセージで注文品が届くことを知らせる。

夜:仕事を早く終えられたので子供と連れ立って、外食と映画に行くと決めた。生活情報アプリでレストランを選び、クーポンを活用したら、ほぼ無料で映画を見ることができた。出かけている間に、専用アプリで頼んだ家事代行に家を掃除してもらう。

帰宅して子供を寝かしつけ、やっと夫婦2人の時間になったけれど、夫はスマホゲームに熱中。私はスマホで韓国ドラマを見ながら、生活用品を通販アプリで注文した。支払いはすべてアリババの決済アプリ「アリペイ」で決済し、クレジットカードの出番はない。

「高級スマホ」へのこだわりが薄い中国人

こうした暮らしは今や、中国ではごく一般的になっている。北京や上海など大都市だけではなく、筆者が昨年訪れた地方の中小都市でも同じだ。人々の生活はSNSや各種アプリなどの情報インフラで成り立っており、日々の用事はスマホだけで済ますことができる。

調査会社Canalysによると、中国の2016年における年間スマホ出荷台数は4.7億台。実は米アップルのiPhone、韓国サムスン「ギャラクシー」のような「ブランドスマホ」のシェアは高くなく、中国メーカーのOPPO(オッポ)、Vivo(ビボ)、HUAWEI(ファーウェイ)が大きなシェアを確保している。

ちなみに日本はというと、調査会社IDCによると2016年のスマホ国内出荷台数は約2900万台で、その内アップルの比率が54.8%。2位のソニー(12.6%)を突き放し、圧倒的に高かった。

次ページなぜ、中国は「スマホ社会」になったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT