AppleWatchを最高の通知ツールにする裏技

「初期設定」のままで使うのはもったいない!

Apple Watchのバイブレーションは非常に優秀で、メールなどの着信があると、腕がトンとたたかれたような感覚になる(筆者撮影)

いくら通知音を大きくしても、ポケットやカバンに入れていると、すぐに気づくのは難しい。周囲の騒音が大きいときなどには音が消えてしまうこともあるし、歩いていると、ポケットに入れていてもバイブに気づかないこともある。このような問題を解決するために活躍するのが、Apple Watchだ。

この連載の一覧はこちら

スマートウォッチというジャンルでくくられることもあるため、Apple Watchはアプリでカスタマイズするものと思われがちだが、その本質は「通知」にある。腕に巻いて振動で電話やメールの着信を知らせてくれるため、通知があることに気づきやすい。iPhoneより体に密着しているため、通知を逃しづらいというわけだ。

活動の記録を取るために使うイメージが強いApple Watchだが、バンドをレザーや金属製のものにすれば、ビジネスシーンにもマッチした時計になる。通知を確実に受けるためのデバイスとして、使ってみてもいいだろう。とはいえ、初期設定のままで使うと、逆にApple Watchがうっとおしく思えてしまうこともある。今回は、そんな設定を見直すための裏技を紹介していこう。

1. 必要な「通知」だけを腕でキャッチ

Apple Watchのバイブレーションは非常に優秀で、メールなどの着信があると、腕がトンとたたかれたような感覚になる。強い振動ではないが、確実に気づけるレベルで、腕に密着していることもあって、通知を見逃しにくい。仕事上、すぐにメールをチェックしなければいけないという人には、うってつけのデバイスといえるだろう。

一方で、メールがあまりに多いと、つねに腕をトントンたたかれているような錯覚を覚えることもある。筆者の場合、メールでさまざまな企業からのプレスリリースも届くため、時間によっては毎分、通知が届いてしまう。ここまで多いと、通知の特別性がなくなり、かえって目を通さなくなってしまう。したがって腕にまで届くApple Watchへの通知は、必要最小限の重要なものだけにとどめておいたほうがいい。

次ページオススメなのが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT