AppleWatchを最高の通知ツールにする裏技

「初期設定」のままで使うのはもったいない!

Apple Watchのバイブレーションは非常に優秀で、メールなどの着信があると、腕がトンとたたかれたような感覚になる(筆者撮影)

いくら通知音を大きくしても、ポケットやカバンに入れていると、すぐに気づくのは難しい。周囲の騒音が大きいときなどには音が消えてしまうこともあるし、歩いていると、ポケットに入れていてもバイブに気づかないこともある。このような問題を解決するために活躍するのが、Apple Watchだ。

この連載の一覧はこちら

スマートウォッチというジャンルでくくられることもあるため、Apple Watchはアプリでカスタマイズするものと思われがちだが、その本質は「通知」にある。腕に巻いて振動で電話やメールの着信を知らせてくれるため、通知があることに気づきやすい。iPhoneより体に密着しているため、通知を逃しづらいというわけだ。

活動の記録を取るために使うイメージが強いApple Watchだが、バンドをレザーや金属製のものにすれば、ビジネスシーンにもマッチした時計になる。通知を確実に受けるためのデバイスとして、使ってみてもいいだろう。とはいえ、初期設定のままで使うと、逆にApple Watchがうっとおしく思えてしまうこともある。今回は、そんな設定を見直すための裏技を紹介していこう。

1. 必要な「通知」だけを腕でキャッチ

Apple Watchのバイブレーションは非常に優秀で、メールなどの着信があると、腕がトンとたたかれたような感覚になる。強い振動ではないが、確実に気づけるレベルで、腕に密着していることもあって、通知を見逃しにくい。仕事上、すぐにメールをチェックしなければいけないという人には、うってつけのデバイスといえるだろう。

一方で、メールがあまりに多いと、つねに腕をトントンたたかれているような錯覚を覚えることもある。筆者の場合、メールでさまざまな企業からのプレスリリースも届くため、時間によっては毎分、通知が届いてしまう。ここまで多いと、通知の特別性がなくなり、かえって目を通さなくなってしまう。したがって腕にまで届くApple Watchへの通知は、必要最小限の重要なものだけにとどめておいたほうがいい。

次ページオススメなのが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT