iPhoneのテザリング、普通に使うと損なワケ

auとソフトバンクが「有料化」で要注目

auとソフトバンクの有料化により、注目を浴びているテザリング機能(筆者撮影)

今、スマートフォンのテザリングが注目を集めている。これはiPhoneでは「インターネット共有」と呼ばれる機能で、その名のとおり、スマホが自身の通信をほかの機器に分け与えることを指す。スマホと同じLTEの通信に対応するパソコンやタブレットも増えてはいるが、Wi-Fi接続だけで使っている人も多い。こうした機器を外出先などでネットに接続する際に、テザリングは欠かせない機能といえる。

この連載の一覧はこちら

日本では、iPhone 5でiPhoneのインターネット共有が開放された。この機能がにわかに注目されているのは、auが、主力とする料金プランでテザリングを有料化したからだ。ドコモは現状のまま無料キャンペーンを無期限で続けていく方針だが、ソフトバンクも6月から大容量プランでテザリングを有料化する。いずれも料金は500円だ。古くからある機能だが、有料化をきっかけに話題が集まっているというわけだ。

ユーザーからの不満の声が上がっているが、残念ながら、auとソフトバンクのユーザーには、この課金を避ける方法がない。無料で使うには、大容量プランをあきらめてテザリング料金の設定がないプランに変更するか、解約して、ドコモやワイモバイルなど、テザリングが無料のキャリアに移るしか方法はない。逆に、どうせおカネを払うのであれば、もっと有効活用したいと考える向きもあるだろう。有料化を契機に、改めてテザリングの使い方を見直してみてもいい。今回は、iPhoneのインターネット共有にまつわる裏技を紹介していく。

1.BluetoothやUSB接続のテザリングも便利

iPhoneのインターネット共有は、接続がなくディスプレーが消えている状態だと、約90秒でSSID(Wi-FiのID)を自動的に非公開にしてしまう。バッテリーを節約するための仕様だと思われるが、地味に不便なことが多い。たとえば、PCを接続して作業をしている合間の休憩時間にPCをスリープすると、接続が切れてしまい、90秒以上経つと、作業再開時に改めてiPhone側でインターネット共有をオンにしなければならない。

インターネット共有を再開したいときは、ロックを解除して設定を開いたあと、一度インターネット共有をオフにして、再度オンにする必要があるため、意外と手間もかかる。もちろん、毎回、これをやってもいいが、インターネット共有が自動終了するのを防ぐ方法もある。

次ページBluetoothテザリングを使う
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。