iPhoneのスクショ「ボタン2つ押し」は不要だ

画面左下の「小さい画像」使いこなしてますか

スクリーンショットの機能は徐々に進化している(筆者撮影)

ディスプレーに表示されている内容をそのまま画像として保存するスクリーンショットは、iPhoneが広めた携帯電話の新しい利用方法の1つと言っても過言ではないだろう。電源キーとホームボタン(iPhone Xの場合は音量ボタンの上)を押すだけで、手軽に情報を残しておくことができるため、スクリーンショットの利用者は一気に広がった。実際、ソーシャルメディアでスクリーンショットを見かける機会は多く、メールに添付されて送られてくることも増えた。

この連載の一覧はこちら

iPhone以前にも、パソコンではスクリーンショットは撮れたが、一般的というほどは活用されていなかった。iPhoneならではの手軽さや、ネットワークに常時つながっている接続性の高さが、普及の要因と考えられる。このスクリーンショットの機能も、実はOSのアップデートなどに伴い、徐々に進化してきた。単に表示されている画面を保存しておくだけでは、宝の持ち腐れだ。今回は、そんなスクリーンショットにまつわる裏技を紹介していきたい。

1.静止画で伝わらないことは「画面収録」を活用

便利なスクリーンショットだが、1つの画面に情報が収まりきらないと、何枚も撮る必要があり、少々手間がかかる。

画面収録は、コントロールセンターからしか呼び出せない(筆者撮影)

たとえば、道順を教えるため、マップを表示させるような場合だ。出発地と目的地が遠すぎると、マップが小さくなってしまい、地図として役に立たないからだ。

このようなときは、ある程度拡大して、何枚かスクリーンショットを撮ることになる。また、iPhone操作の手順を人に教えるといった画面遷移を伴う場面でも、スクリーンショットが複数枚にわたってしまう。これらをメールやメッセンジャーで送ると、相手がどの順番で見ればいいのか、わかりにくい。かといって、画像加工アプリなどで1つにまとめるのは、かなり骨の折れる作業だ。

このようなときに活用したいのが、画面収録の機能だ。画面収録というと意味がわかりづらいかもしれないが、これはいわばスクリーンショットの動画版。画面の動きを、そのまま動画として残すことができ、上記のようなシーンで活躍する。ただし、画面収録は、ちょっとした隠し機能のような存在で、標準状態だと呼び出すことができない。

次ページこの機能をオンにするには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。