iPhone「チラ見」で重要な情報が漏れている

端末にロックがかかっていても油断は禁物

iPhone本体のロックを解除できなくても、物理的にSIMカードを抜くことはできる(筆者撮影)

画面のロックをしっかりかけているので、もし本体を落としても不正に使われる心配はない――そんな油断は禁物だ。いくらiPhone本体のロックを解除できなくても、物理的にSIMカードを抜くことはできる。普段は便利な存在だが、セキュリティの観点では、ロック中の画面に表示する情報にも注意が必要になる。

この連載の一覧はこちら

また、iPhoneに入った情報が漏れてしまうのは、紛失や盗難にあったときだけではない。フィッシングサイトに引っかからないよう気をつけるのはもちろんだが、むしろ家族や気の置けない仲間に画面を見せているときのほうが油断しがちだ。変換候補でうっかり過去に入力した検索ワードが見えてしまう心配もある。

自分の情報が漏れるだけならいいと思う人もいるかもしれないが、iPhoneには他人の電話番号やメールアドレスなども保存されている。また、電話を勝手にかけられてしまうと、高額請求にもつながりかねない。単にiPhoneの画面をロックしているだけでは、セキュリティが万全とはいえない。そこで今回は、普通に使っているだけでは見逃しがちな、iPhoneのセキュリティの裏技を紹介していきたい。

1.「SIMカード」にもPINコードを設定する

端末にロックがかかっているから安心と思ったら大間違い。iPhoneの場合、クリップのような細い金属のピンさえあれば、簡単にSIMカードを抜き出せてしまう。SIMカードは共通規格のため、端末を選ばず挿すことができる。SIMカードには契約者情報が紐づいているため、もしiPhoneを盗んだ人が別の端末に挿して使うと、請求はすべて大元の契約者にいくことになる。

iPhone用の料金プランは、基本的にデータ通信は定額になっているため、インターネット接続をいくらされても請求額が跳ね上がる心配は少ない。ただし、電話は必ずしも定額とは限らない。従量制の料金プランに入っていると、使われたぶんだけ請求額が上がってしまう。キャリアに連絡すればSIMカード自体を無効にできるが、紛失したiPhoneを探している間に使われてしまうおそれもある。

次ページ海外渡航時は、PINコードの設定が必須
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。