iPhoneバッテリーを長持ちさせる3つの方法

バッテリーの劣化を抑制する使い方がある

iPhoneのパフォーマンスが落ちているかどうかは、アプリで確認できる(編集部撮影)

バッテリーの劣化した一部iPhoneに対し、パフォーマンスを抑止する処理を加えていたことが、世界各国で波紋を広げている。対象となるiPhoneは、iOS 10.2.1以降のiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEと、iOS 11.2以降のiPhone 7、7 Plus。これに対し、アップルは謝罪文を発表。対象となるiPhoneのバッテリー交換費用を減額する措置も、同時に明かしている。

この連載の一覧はこちら

アップルの声明文によると、パフォーマンスを抑止していたのは、劣化したバッテリーでiPhoneが突然シャットダウンしてしまう問題を防ぐためだという。

意図せずシステム全体がダウンしてしまうと、データの消失などの2次被害にもつながる。こうしたトラブルを防ぐための措置として、パフォーマンスを抑止する機能を導入したようだ。

ただ、ユーザーに対して明確な説明がないまま、自動的にカタログ値よりもパフォーマンスを下げてしまうのは、ほめられた行動とはいえない。アップルは否定しているものの、フランスのように、「計画的陳腐化」(買い替えを促すため、意図的に製品の性能を落とす行為)を疑い、捜査当局が調査に入るケースも出てきている。iOSには、今後、このパフォーマンス抑制をオフにする機能が導入されるという。

では、それまでユーザーは自分のiPhoneのパフォーマンスが落ちているかどうかを、どのような方法で判断すればいいのか。そもそも、バッテリーを劣化させないようにするには、どうすればいいのか。今回はパフォーマンスを確認する方法や、バッテリー寿命を延ばす使い方をまとめた。

1.パフォーマンスの低下を判断するには?

iPhoneを使っていると、アプリの起動が遅くなったり、スクロールに引っかかりが起きたりすることがあると感じることがあるかもしれないが、これだけでは、パフォーマンスが抑制されているかどうかまではわからない。アプリが最新機種に合わせてパフォーマンスを必要とするよう仕様を変更していたり、使い続けてメモリがいっぱいになってしまっていたりと、原因はさまざまだ。いったん、フルリセットすれば、買ったときのような軽快感が戻るケースもある。

また、iOSには、バッテリーの劣化を知らせる機能が搭載されているが、これだけだとパフォーマンスが低下しているかどうかはわからない。この機能は、あくまでバッテリーの交換時期を知らせる、目安になるものでしかない。実際にパフォーマンスが落ちているかどうかは、どう判断すればいいのか。

次ページベンチマークアプリを使って判断する
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。