iPhoneユーザーが苛立つ「速度制限」の正体

これはどれほど深刻なことなのか?

新機種への買い替えを促そうとしているようにもみえる(写真:REUTERS/Lucas Jackson/File Photo)

「iPhone旧機種の動作速度が遅くなっているのではないか」ーー。ユーザーの間で持ち上がった噂は、ベンチマークソフトを手がける企業によって検証されただけでなく、12月20日にはアップル自身もそのことを認めるに至った。いったいその意図は何だったのだろうか。また我々にとって、どれだけの影響があるのか。

古いiPhoneは、なぜ性能を制限されるのか?

アップルは2017年1月に配信を開始した「iOS 10.2.1」から、一定条件下でプロセッサの性能を制限する機能を導入したことを認めた。メディア各社に対して送った書簡の中で、その仕組みと理由について次のように触れている。

iPhoneに搭載されているリチウムイオンバッテリーは、常に同じ性能を発揮するわけではなく、気温が低い環境やバッテリー充電が十分でない場合、あるいは長年使うことによるバッテリーの経年劣化によって、十分な電力を供給できなくなるという。

そうした環境下で、大量の電力需要、すなわちプロセッサに最大限の負荷がかかる処理を行おうとすると、電子部品を保護するためにデバイスが突然シャットダウンする恐れがある。アップルは、頻繁にシャットダウンすることは、顧客体験全体の低下を招き、またデバイスの寿命に影響すると判断。そのためiOSに、プロセッサの性能を引き下げて大量の電力需要を発生させない仕組みを取り入れたのだという。

次ページ将来的には最新機種にも適用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT