iOS11で追加された便利すぎる「3つの新機能」

iPhoneの「容量不足」が簡単に解決できる

純正キーボードでも左右寄せが可能になった(筆者撮影)

iOS 11は、かゆいところに手が届く機能が増えている。たとえば、写真や動画を撮りすぎてしまい、容量がいっぱいになってしまった――そんなストレージ不足を簡単に解決できるようになった。また、これまではアプリで追加したキーボードでしかできなかったキーボードの左右寄せが可能になっており、本体がちょっと大きすぎると感じている、手の小さな人でも操作しやすくなっている。

この連載の一覧はこちら

さらに、閲覧中のサイトを、簡単にPDFとして保存できる機能も追加されている。この機能は、同僚に資料としてウェブサイトを送る際に便利。後でそのコンテンツが更新されてしまっても、PDFとして保存しておけば見ることが可能だ。マークアップもできるため、重要な場所を囲んで、同僚に送ることもできる。せっかく搭載された新機能を使わないのは、宝の持ち腐れ。ここで、その方法をマスターしておこう。

1.使っていないアプリを一括削除できる

ストレージの容量が少ないiPhoneは、価格が安い反面、すぐにデータでいっぱいになってしまう。現行モデルのiPhone 8、8 Plusは64GB以上となったため、容量の心配をする必要は減っているが、32GBや16GBのiPhoneを使っている人には、死活問題といえるだろう。これを機に買い替えてもいいかもしれないが、まだまだ現役で使えるiPhoneを手放すのももったいない。

これまでのiOSでは、容量不足になった場合、不要な写真や動画、アプリを1つずつ選んで削除していかなければならなかったが、特に後者のアプリの削除は手間がかかっていた。iOS 11は、この作業が大幅に楽になったのが特徴だ。

次ページ「非使用のAppを取り除く」の設定
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT