iOS11で追加された便利すぎる「3つの新機能」

iPhoneの「容量不足」が簡単に解決できる

純正キーボードでも左右寄せが可能になった(筆者撮影)

iOS 11は、かゆいところに手が届く機能が増えている。たとえば、写真や動画を撮りすぎてしまい、容量がいっぱいになってしまった――そんなストレージ不足を簡単に解決できるようになった。また、これまではアプリで追加したキーボードでしかできなかったキーボードの左右寄せが可能になっており、本体がちょっと大きすぎると感じている、手の小さな人でも操作しやすくなっている。

この連載の一覧はこちら

さらに、閲覧中のサイトを、簡単にPDFとして保存できる機能も追加されている。この機能は、同僚に資料としてウェブサイトを送る際に便利。後でそのコンテンツが更新されてしまっても、PDFとして保存しておけば見ることが可能だ。マークアップもできるため、重要な場所を囲んで、同僚に送ることもできる。せっかく搭載された新機能を使わないのは、宝の持ち腐れ。ここで、その方法をマスターしておこう。

1.使っていないアプリを一括削除できる

ストレージの容量が少ないiPhoneは、価格が安い反面、すぐにデータでいっぱいになってしまう。現行モデルのiPhone 8、8 Plusは64GB以上となったため、容量の心配をする必要は減っているが、32GBや16GBのiPhoneを使っている人には、死活問題といえるだろう。これを機に買い替えてもいいかもしれないが、まだまだ現役で使えるiPhoneを手放すのももったいない。

これまでのiOSでは、容量不足になった場合、不要な写真や動画、アプリを1つずつ選んで削除していかなければならなかったが、特に後者のアプリの削除は手間がかかっていた。iOS 11は、この作業が大幅に楽になったのが特徴だ。

次ページ「非使用のAppを取り除く」の設定
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。