iPhoneで「iOS11」の新機能を使いこなすワザ

設定の変更やカスタマイズが不可欠だ

iOS 11の見た目で、いちばん変化が大きいのはコントロールセンター。1画面にすべて収まるようになった(筆者撮影)

アップルが「iPadにとって市場最大のソフトウエアリリース」とうたうiOS 11の配信が始まった。数のうえではiPad向けの印象が強いアップデートだが、iPhoneにも多数の新機能が追加されている。コントロールセンターの刷新は、その1つだ。利用者がすぐに気づくような視覚的変化はないが、地味ながら、写真や動画のフォーマットも変更されており、容量の削減に貢献する。

この連載の一覧はこちら

基本的には利便性が向上するアップデートだが、これまでになかった機能が追加されるという意味では、利用者側での慣れやカスタマイズも必要になってくる。たとえば、コントロールセンターも1画面にすべての機能が収まっているという点では便利だが、よく使う機能がどこにあるかわからないということはありそうだ。そんな不満を解消する、iOS 11の設定方法を紹介していきたい。

1.コントロールセンターはカスタマイズして使うべし

iOS 11の見た目で、いちばん変化が大きいのはコントロールセンターだろう。コントロールセンターはWi-Fi、Bluetoothなどのオン・オフを行えるボタンや、画面の明るさの調整、AirDropの受信設定などがワンタッチでできるショートカットのこと。iOS 7から導入され、徐々に機能を進化させてきたが、これまで、音楽の操作をするためにはコントロールセンターを左方向にスワイプして、2画面目を表示させなければならなかった。

iOS 11のコントロールセンターは、これを1つの画面にすべて収めたというのが、これまでとの大きな違いだ。正方形や縦長のアイコンがズラッと並ぶ形に、デザインも変更になった。ワイヤレス関連の設定もWi-Fi、Bluetooth、フライトモードだけだったのが、3D Touchで強く押し込むとインターネット共有(テザリング)をオンにできたりと、多機能化しているのも特徴だ。

次ページ最大の変更点は?
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。