iPhone Xの本質は「夢を実現する遊び場」だ

発展のカギは「アプリ開発者が面白がるか」

9月12日のアップルイベントでは、新しいiPhoneとともに旧機種の値下げが発表された(筆者撮影)

アップルが米国時間9月12日に開催した発表会について速報(iPhone Xが「記念碑的モデル」といえるワケ)でお伝えしたが、本稿ではこれらの製品をについて同社の戦略意図を掘り下げてみよう。

まず、新製品のラインナップを見直して少しばかり驚いたのが、iPhone SEを値下げとともに現行モデルとして残したことだ。

かつては1製品だけで幅広いユーザー層をカバーしてきたが、iPhoneが発売される地域も広がり、消費者層も極めて幅広くなってきている。細かく価格帯を刻んで製品を提供しなければ、消費者ニーズを満足させることが難しくなっているということなのかもしれない。

正常進化モデルがiPhone 8/8 Plus

かつては毎年のように買い替えていたアーリーアダプター層も、少しずつ脱落してきていることは想像に難くない。実はその象徴がiPhone SEだ。iPhone SEはiPhone 5Sのリメイク版ともいえるモデルだ。

そのiPhone 5SはTouch IDが導入され、個人の生体認証をカジュアルに使いこなせるようになった。初代iPhoneから続いた一連の進化が、ひとつの完成形として結実したものともいえるだろう。

iPhone 6は画面サイズの展開を広げ、現在の基礎となる形状を作り、6S以降では3D touch、決済(Apple Pay)、iPhone 7 Plusにおけるカメラ機能の広張など、進化の方向を模索する動きを毎年重ねてきた。そんな模索の結果、得られたノウハウをまとめ直した正常進化モデルがiPhone 8/8 Plusだ。

次ページ着実に歩を進めている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT