iPhone Xの本質は「夢を実現する遊び場」だ

発展のカギは「アプリ開発者が面白がるか」

9月12日のアップルイベントでは、新しいiPhoneとともに旧機種の値下げが発表された(筆者撮影)

アップルが米国時間9月12日に開催した発表会について速報(iPhone Xが「記念碑的モデル」といえるワケ)でお伝えしたが、本稿ではこれらの製品をについて同社の戦略意図を掘り下げてみよう。

まず、新製品のラインナップを見直して少しばかり驚いたのが、iPhone SEを値下げとともに現行モデルとして残したことだ。

かつては1製品だけで幅広いユーザー層をカバーしてきたが、iPhoneが発売される地域も広がり、消費者層も極めて幅広くなってきている。細かく価格帯を刻んで製品を提供しなければ、消費者ニーズを満足させることが難しくなっているということなのかもしれない。

正常進化モデルがiPhone 8/8 Plus

かつては毎年のように買い替えていたアーリーアダプター層も、少しずつ脱落してきていることは想像に難くない。実はその象徴がiPhone SEだ。iPhone SEはiPhone 5Sのリメイク版ともいえるモデルだ。

そのiPhone 5SはTouch IDが導入され、個人の生体認証をカジュアルに使いこなせるようになった。初代iPhoneから続いた一連の進化が、ひとつの完成形として結実したものともいえるだろう。

iPhone 6は画面サイズの展開を広げ、現在の基礎となる形状を作り、6S以降では3D touch、決済(Apple Pay)、iPhone 7 Plusにおけるカメラ機能の広張など、進化の方向を模索する動きを毎年重ねてきた。そんな模索の結果、得られたノウハウをまとめ直した正常進化モデルがiPhone 8/8 Plusだ。

次ページ着実に歩を進めている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。