新型iPhoneに満載される革新は期待以上だ 最先端ではないがガッカリしてはいけない

拡大
縮小
「Apple Park」内にある1000人収容の「Steve Jobs Theater」のイメージ。ここで発表会が行われるのだろうか(アップルのホームページより)

アップルは例年、9月第2週から3週にスペシャルイベントを開催し、新型iPhoneを披露してきた。今年もその慣例を踏襲することになりそうであり、周辺は早くも熱気を帯び始めている。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は米国時間の8月28日、アップルが米国時間9月12日にスペシャルイベントを開催すると報じた。同記事によると、ここ2年間使われてきたサンフランシスコから、クパティーノに建設中の新社屋「Apple Park」内にある1000人収容の「Steve Jobs Theater」とのこと。もし実現すれば、アップル新本社施設の初お披露目であり、それだけでも話題を集めそうだ。

なぜ9月12日なのか

WSJが報じた9月12日という日取りは、筆者が東洋経済オンラインで配信しているメールマガジンで予測していたものと一致する。

アップルは例年、発売最初の週末を第4四半期決算に含まれるように発売日を設定している。今年も同じように考えれば、発売日は9月22日金曜日となる。そこから逆算し、1週間前の9月15日金曜日に予約開始となると、9月8日金曜日もしくは9月11日月曜日の週にイベントを開催しなければならない。

もうひとつ9月12日でなければならない事情がある。日本で現在展開中のケータイや他社製スマートフォンからの乗り換えキャンペーン「Switch to iPhone」の終了日は、日本時間9月12日。この期間中は新製品の発表がないと考えるべきであり、そうなると早くても日本時間9月13日(すなわち米国時間9月12日)が発表日なのである。

次ページ「変わり映えしない」との厳しい評価も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT