iPhoneで一足先に「iOS 11」を体験する裏技

「使えなくなるアプリ」も確認しておこう

かつては有料でデベロッパー登録をしていなければβ版を利用できなかったが、今ではApple IDを登録して、プロファイルを端末に書き込むだけですぐに利用が可能になる(筆者撮影)

この秋、次期バージョンとなるiOS 11が登場し、iPhoneやiPadが大きく進化する。ファイルの概念が導入されるのは、大きな変化のひとつ。これまで、iPhone、iPadはアプリ単位でファイルを管理していたが、ファイルアプリが登場することによって、PCと同様、ファイルやフォルダを作成できるようになる。

この連載の一覧はこちら

また、iPad Proに関しては、Apple Pencilの用途が大幅に拡大され、PDFなどを表示した際にペン先を当てるだけで、手書きが可能になる。ロック画面からそのまま文字や絵を描けるようになる「インスタントメモ」も便利な機能だ。iPad向けの大型アップデートが多いiOS 11だが、iPhoneもSiriがより賢くなり、翻訳に対応するなど、ビジネスに役立ちそうな進化がある点は見逃せない。普段からiPhone、iPadを活用している人なら、今すぐにでも使いたいはずだ。

この大型アップデートを秋まで待てないという人が、いち早くiOS 11を利用する裏技がある。それが、「Apple Beta Software Program」だ。あくまで利用できるのはβ版という位置づけで、完成版ではないため、トラブルが起こる可能性もゼロではないが、新機能を今のうちから試すことができるのは大きなメリット。OSの完成に向け、アップルに対してフィードバックを送ることもできる。このβ版を利用する方法を紹介していこう。

1.手順は通常のアップデートとほぼ同じ

β版といっても、難しい手続きは不要。かつては有料でデベロッパー登録をしていなければβ版を利用できなかったが、今ではApple IDを登録して、プロファイルを端末に書き込むだけですぐに利用が可能になる。

β版のiOS 11をインストールしたいときは、まずアップルのサイトにアクセス。ここで「登録」ボタンをクリックして、Apple IDとパスワードを入れ、規約を読んで承諾すれば、プログラムへの登録は完了する。この作業は、PCから行ってもいいし、iPhoneやiPadを使ってもいい。

登録が完了したら、次にiPhoneやiPadに、プロファイルをインストールする。 Safariを開き、構成プロファイルの置かれているURL(beta.apple.com/profile)を入力してダウンロードしてみよう。これで、利用中の端末が、プログラムに登録された形になる。あとは、通常のOSアップデートと手順は同じ。「設定」を開き、「一般」の「ソフトウェアアップデート」でiOS 11をダウンロードできる。

次ページ徐々に完成版に近づいていく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT