iPhoneで一足先に「iOS 11」を体験する裏技

「使えなくなるアプリ」も確認しておこう

β版のOSは徐々にフィードバックを反映させ、完成版に近づいていくが、更新があった場合も、iPhone、iPad側からソフトウェアアップデートで新たなバージョンをダウンロードすることができ、手間はかからない。製品版のOSをインストールしているときに比べると、アップデートが頻繁にかかってしまう可能性はあるが、新機能をいち早く試せる代償と考えておけばいいだろう。

ただし、メインで使っているiPhoneにβ版をインストールするのは、お勧めできない。いざというときに電話やメッセージなどの連絡手段が使えなくなってしまうのは、避けたいからだ。β版にバグはつきもの。もし機種変更前の古いiPhoneを持っている場合は、それを使ってみるのがいい。また、iPhoneとiPadを持っている人は、iPad側にインストールすることをオススメしたい。iOS 11はiPadでの進化が大きいため、インストールするメリットも大きくなりそうだ。

2.バックアップから復元すれば元に戻せる

事前に現行バージョンのOSとデータを、iTunesでバックアップしておくようにしたい(筆者撮影)

とはいえ、やはりバグが気になるという人は、製品版としてリリースされているOSに戻したほうがいい。β版はあくまで、先行して新しいバージョンのOSをテストするためのもの。安定性を最優先したいときは、現行バージョンのOSを使うべきだ。ただし、一度β版をインストールしてしまうと、iPhone、iPadからは、データを残したまま、元のバージョンに戻すことができないため、注意が必要だ。

このようなときは、iTunesの暗号化バックアップを活用するといい。暗号化バックアップは、ソフトウエアを丸ごとPCに保存しておける機能。ここからiPhone、iPadを復元すると、アプリの中のデータまで、バックアップを取ったときとほぼ同じ状態にまで戻すことができる。

方法は簡単で、iPhone、iPadをPCとケーブルで接続し、iTunesを起動させる。次にiPhone、iPadの概要を開き、バックアップ先として「このコンピュータ」を選択。その際に、「ローカルバックアップを暗号化」にチェックをつけ、パスワードを設定すると、ソフトウエアをほぼ丸ごとバックアップすることができる。iPhone、iPadを元のバージョンに戻したいときは、PCと接続した状態で再びiTunesを開き、「iPhone(iPad)を復元」というボタンをクリックすればいい。

この方法を使えば簡単に現行バージョンに復元できるが、大前提として、β版をインストールする前にバックアップを取っておく必要がある。うっかり忘れてしまうと、データも含めてフルリセットしなければいけない状況になってしまうため、バックアップは忘れずに取っておくようにしたい。

次ページiOS 11になると使えないアプリがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。