9月発表「新型iPhone」に期待できる3つの理由

注目は「最上位モデル」だけではない

昨年9月7日に「iPhone 7」を発表した会場、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウム(筆者撮影)

アップルは例年9月上旬にスペシャルイベントを開催し、新型iPhoneを披露してきた。今年も同様のスケジュールで行われるとすれば、新型iPhoneの発表まであと1カ月余り、ということになる。

昨年は、iPhone 7を発表するイベントを9月7日に、サンフランシスコのビル・グラハム・シビック・オーディトリウムで開催した。新製品と発表の日付の語呂合わせもバッチリだったというわけだ。

今年発表されるiPhoneは「iPhone 8」シリーズになるとみられている。であれば安直に、9月8日に開催されるといいのに、と考えてしまうのは筆者だけではないだろう。

もう少し詳しくカレンダーを見ながら、日付の予測をしよう。iPhoneの発売日から逆算する方法だ。アップルの第4四半期は9月末で締め日となる。例年、新型iPhoneの発売直後の週末、もしくは1~2週間の販売期間含める形で発売日を迎えるためだ。

「9月22日発売」が有力候補

よりディープなリポートを読みたい方は有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」をご購読ください。詳細はこちら

となると、2017年のカレンダーで予測すると、9月22日(金)の発売が有力候補となる。こちらも例年の流れからすると、発売日の1週間前に予約がスタートする。9月22日が予約開始日だとすると、9月15日から予約がスタートすることになる。

こうした逆算をしていくと、スペシャルイベントが予測されるのは、9月11日の週の前半に絞られてくるのではないか、というのが筆者の見立てだ。

なお、本原稿執筆の8月8日現在、米国のメディアも含めて、招待状の送付などは行われていない。アップルによるイベントのアナウンスなどがあり次第、お伝えしたいと思う。

さて、2017年9月に開催されるスペシャルイベントでは、例年どおり新型iPhoneが発表されることになるとみられる。そのイベントにおける見所について3点ほど上げておきたい。それは、「iPhone」「その他の製品」そして「開催場所」だ。

まず、何といっても、どんなiPhoneが発表されるか、だ。

次ページ「新しい要素」が盛り込まれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。