iPhone Xが「記念碑的モデル」といえるワケ

「未来へつながる道」を指し示している

9月12日(米国時間)のアップル発表会で登壇したCEOのティム・クック氏(筆者撮影)

米国時間の9月12日、アップルは新しいiPhone「iPhone X」「iPhone 8/Plus」、4K HDRに対応する「Apple TV 4K」、LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」の4製品を明らかにした。

本稿では現地のタッチ&トライコーナーで聞き取った情報や操作感、イベント基調講演では触れられなかった話をストレートにお届けしたい。

「iPhone X」「iPhone 8」を同時発表

まだ3Gネットワークも搭載していなかった初代iPhone。2007年6月29日、はじめてのiPhoneが発売されてから10年以上の時が経た。果たしてアップルは次の10年を象徴する製品を我々に見せてくれるのだろうか。

そんなノスタルジックな回想を巡らせてしまうのは、今年のiPhoneを発表する会場が、亡きスティーブ・ジョブズが“イノベーションを生み出すコミュニティを生み出す”ことをコンセプトとして描いたとされる、アップルの新社屋「Apple Park」で行われる初のメディア向けイベントだからだ。

まだ完成していない新社屋には2017年後半、順次引っ越しが進められるとのことだが、今回の新製品発表に合わせて、9月12日だけ特別に「Steve Jobs Theater」と「Visiter Center」の2施設を臨時にオープン。この2つの施設も13日からは再度閉鎖され、新社屋の落成式を待つことになる。なお、今後アップルが行う新製品発表は、すべてこの新設備で行われる予定だ。

さて、そんな記念すべき発表会の場で発表された新製品のひとつは、iPhoneの10周年に発売される「iPhone X」だった。

次ページmacOSにならって「x」を使用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT