iPhone Xが「1000ドル」「超品薄」になる必然

有機ELパネルの供給量が十分ではない

米国時間9月12日に行われるアップルのイベントは「iPhone10周年」を記念した特別なものになりそうだ(2016年のiPhone発表イベントで筆者撮影)

アップルは米国カリフォルニア州クパティーノで9月12日午前10時から、スペシャルイベントを開催すると通知した。アップルのウェブサイトなどで、日本時間9月13日午前2時からライブストリーミングで、イベントの模様を見ることができる。

今回のイベントは、「iPhone 10周年」を記念するイベントになるとみられており、アップルがこれからの10年のスマートフォンやテクノロジーに対して、どのようなビジョンを示すのかにも注目が集まる。

新しい施設でイベントを開催

イベントを前にして、新型iPhoneに関する情報は数多く報じられてきた。これまでのiPhone 7シリーズの後継機種に加えて、「iPhone X」や「iPhone 8 Edition」などと言われる新しい要素を採用したiPhoneが期待されてきた。また搭載されるソフトウェアも6月の開発者会議WWDC 2017で発表済みだ。

開催場所は「The Steve Jobs Theater」だ

その上で、どんな隠し球があるのか、また成否を占うポイントはどこにあるのか、3つのポイントで解説する。

第1のポイントは発表会場だ。アップルはメディア向けに発送した招待状に、開催場所として「The Steve Jobs Theater」という名称を記した。

この開催場所は、アップルが2017年4月から使用を開始し、現在も建設が続いている新社屋アップルパークに所在する1000人収容のホールの名前だ。共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏を記念したホールであり、今回外部向けのイベントに使用するのも初めてとなる。

次ページ建設が遅れていた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。