iPhone Xが「1000ドル」「超品薄」になる必然

有機ELパネルの供給量が十分ではない

2016年9月、アップルパークを紹介するティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルのティム・クックCEOは、2016年3月にこれまでの本社にある通称「タウンホール」と呼ばれる会場を用いた9.7インチiPad ProとiPhone SEを発表したイベントで、「今回のイベントで、タウンホールでの発表は最後になる」として、アップルパークへの移転が間近であることを告げた。

しかしながら、2016年10月にMacBook Proシリーズ刷新の発表を行ったイベントでは、再びタウンホールが用いられ、建設が遅れていることが明らかとなっていた。

前述の通り1000人収容ということで、5000人以上の聴衆を集める世界開発者会議WWDC 2017の基調講演には、Steve Jobs Theaterは用いられなかった。こうした経緯の中で、今回のiPhone発表イベントが、新しいホールの初公開となった。

タッチアンドトライコーナーも併設

アップルパークのドローン撮影映像によると、Steve Jobs Theaterの地上部分は正円のロビーとなっており、ここから地下に降りると、1000人収容のホールとステージ、バックステージなどが広がった構造となっているようだ。

イベント自体はホールで行われることになるが、ホールの地階部分は発表された新製品のタッチアンドトライコーナーが設置されるとみられており、発表会自体をSteve Jobs Theater内だけで完結できる仕組みになっている。

新型iPhoneそのものも注目だが、アップルデザインとしては最大級となるアップルパークがどのような構造になっているのか、どのようにして新しいアップルの雰囲気を演出しているのかにも注目していきたい。

次ページ最上位機種は高額に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT