iPhone「エアドロ」は最強の共有ツールである

写真や動画の送受信はあくまでも一例

iOS同士なら簡単にデータを送受信できる「AirDrop」(筆者撮影)

若年層には「エアドロ」と呼ばれ、親しまれているiPhoneの「AirDrop」。お互いの電話番号やメールアドレスなどを知らなくても、簡単に写真や動画などのデータを送受信できるのが、魅力だ。通信速度も速いため、複数の画像などをまとめてやり取りしたいときにも便利。しかも、LTEなどのモバイルデータ通信を経由せず、WiFiかBluetoothを使ってiPhone同士で直接通信するため、通信容量もかからない。

この連載の一覧はこちら

このAirDropで交換できるデータは、写真や動画だけではない。実はアプリによってAirDropの挙動は異なっており、さまざまなデータを受け渡すことができる。写真や動画の送受信は、あくまでAirDropの一例でしかないというわけだ。ここでは、ビジネスに役立ちそうなAirDropの活用方法を厳選して紹介していく。

見ているサイトを瞬時にシェア

打ち合わせのときなどに、資料としてウェブサイトを見ることがある。そこに書かれていることを相手に説明する場合、アドレスを送って手元の端末で見てもらったほうがスムーズに閲覧できる。iPadならまだいいかもしれないが、テーブルごしに見せるにはiPhoneだと画面が小さすぎるため、見せたい部分を拡大したり、席を離れて相手に近づかなければならず、スムーズとは言いがたい。

Safariで表示しているサイトをAirDropで共有すると、相手のiPhoneでも同じサイトが表示される(筆者撮影)

AirDropは、このようなときにも活躍する。Safariで相手に見せたいサイトを開いている状態で、共有ボタンをタップ。AirDropを選択して、相手のiPhoneを選択してみよう。相手側のiPhoneには、送られてきたAirDropを受け入れるかどうかの選択肢が表示される。受け入れると同時に、相手側のiPhoneでもSafariが開き、同じサイトに接続する。

Chromeなど、Safari以外のブラウザでサイトを見ていても、相手側にはきちんとアドレスが共有できる。仮に相手のiPhoneにChromeがインストールされていない場合でも、AirDropを受信した側はSafariが開くので、アプリがインストールされているかどうかを心配する必要はない。Amazonの公式アプリのように、Webをそのまま開くようなアプリでもこの手段は有効だ。

次ページ友達に面白い記事をシェアするときにも
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。