iPhone「エアドロ」は最強の共有ツールである

写真や動画の送受信はあくまでも一例

ビジネスシーンだけでなく、友達と一緒にいるときに、面白い記事をシェアするようなときにも利用することができる。共有からLINEやメールなどを呼び出し、モバイルデータ通信経由で送る手もあるが、AirDropならその場ですぐに呼び出すことが可能。近くにいるiPhoneほど早く表示されるため、サッと送れて便利だ。

iPadやMacで調べたルートをiPhoneに送る

AirDropは、他人とデータをやり取りするときだけでなく、自分が持っている別の端末にデータを送りたいときにも活躍する。この技を使えば、iPhoneで撮った写真をiPadに転送し、大きな画面でディテールを確認するといったこともできる。同じApple IDを設定している端末同士なら、ほかのユーザーとAirDropするときのように承認のボタンを押す必要もなく、手軽だ。

このテクニックの応用として、あらかじめ調べておいた目的地までの経路をiPhoneに送り、ナビをしてもらうということもできる。机の上でMacの画面に向かっているときや、テーブルでiPadを使っているときに経路を調べておき、実際のナビはiPhoneに任せるというわけだ。

マップアプリでは、経路情報そのものをAirDropで共有できる(筆者撮影)

手順はまず、MacやiPadでマップアプリを開き、行きたい場所までの経路を検索する。検索が終わったら、詳細を開き、「共有」と書かれたリンクをタップする。共有メニューにはAirDropの項目が表示されるため、自分のiPhoneの名前をタップすればよい。iPhone側には、この検索結果がそのまま表示される。あとは「出発」をタップして、画面の指示に従い、目的地まで行くだけだ。

次ページGoogleマップを使っている場合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。