Androidの父が作ったシンプルスマホの全貌

公式サイトを通じて日本でも購入可能に

Essential Phone PH-1 ホワイト。5.71インチ液晶ディスプレーにカメラが割り込んでいる「ノッチ」を採用した初めてのスマートフォンだ(筆者撮影)

日本は「世界で最もiPhoneが普及している国」として知られており、その販売シェアや国別のOSシェアを見ても、6割ほどの勢力を占めるとみられている。その影で、秀逸な機能やデザインを持っていた多様性のある日本のケータイと、その系譜を組むAndroidスマートフォンは、メーカーの撤退が続き、今では中国、韓国などのメーカーの製品以外の選択肢がほとんどなくなってしまった。

有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの取り組みについて詳細なリポートをお届けしています。詳細はこちら

米国でも状況は同じで、米国のスマホメーカーはとうになくなり、主要メーカーで米国に本社があるのはアップルぐらいしかなくなってしまった。しかし、そんな中で昨年夏から注目されている米国でデザインされたスマートフォンがある。

それが、「Essential Phone(エッセンシャルフォン)」だ。

Essentialはスマートフォンを作るスタートアップ企業。昨年5月に「PH-1」を発表し、8月から発売。販売台数は公表されていないが、その美しいデザインと機能性で存在感を増している。

2018年4月27日から、公式サイトを通じて日本でも購入可能となったEssential Phone PH-1のレビューとともに、このスマートフォンが作られる現場を取材した。

「スマホ初」が目白押し

Essential Phone PH-1は、5.71インチで2560×1312ピクセル(QHD)の解像度を持つ液晶ディスプレーがデバイスいっぱいまで敷き詰められたいわゆる「全画面スマホ」だ。

ノッチにはカメラとその上部のセンサーがコンパクトに収納されているだけで、受話スピーカーは端末上端の角に仕込まれており、ノッチを小さくするデザインを実現している(筆者撮影)

しかも昨年11月に発売されたiPhone Xよりも早く、画面上部の切り欠きにカメラを配置する「ノッチ」を活用したデザインを採用している。

 

iPhone Xのノッチには受話スピーカーやFace IDを実現するTrueDepthカメラのセンサー類が備わっているが、Essential Phoneのそれにはカメラだけが備わり、小さく丸い切り欠きとなっている。このノッチの小ささを実現した秘密は、横幅が取られる受話スピーカーを端末上部のエッジに配置する工夫があったからだ。

iPhone Xがリリースされ、中国メーカーなどからノッチを用いたAndroidスマートフォンが登場してもなお、全画面と小さなノッチを備えるデザインは色褪せない。それは手触りの楽しみにも共通する。

次ページスマートフォンに初めて用いられる素材とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。