「iPhone X」は販売不振どころか好調だった

速報!アップル1-3月期決算からわかること

「iPhone X」は不振ではなかった(筆者撮影)

アップルは米国時間2018年5月1日、2018年第2四半期決算(2018年1〜3月)を発表した。先週からiPhone Xの販売不振を心配するニュースが流れ、株価は7%近く下落してきたが、そうした不安を払拭するには十分の内容となった。

売上高は611億3700万ドルで前年同期比約16%増、純利益は138億ドルで前年比25%の増加となった。1株あたりの利益も市場予想を上回り、2.73ドルとなった。今回の決算で、アップルは1000億ドルの自社株買いを発表し、また増配も行った。これにより株価は、時間外で175ドルを回復した。

iPhone Xは不振じゃない?

ティム・クックCEOは、前回の2018年第1四半期決算に続き、「iPhone Xが週次で最も販売台数の多いiPhoneとなった」ことを強調した。

ここ最近の報道や、TSMCやサムスンなどのiPhone向けの部品を製造するサプライヤーの決算から、「iPhone Xが不振に陥っているのではないか」と不安が拡がっていた。

そのiPhoneの販売台数を見てみると、5220万台で前年比3%増となりアナリストの予測5200万台を達成した。一方売上高は380億ドルで前年同期比14%増。台数以上に伸びていることから、高単価のiPhone Xが大きく寄与していることが分かる。

次ページ平均販売価格は高水準
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT