女子高生がこだわる「最新カメラアプリ」事情

スマホでも「背景ボケ」の写真が撮れる時代

“自撮りアプリ”として不動の人気を誇る「SNOW」。女子中高生から火が付いたカメラアプリは、今や世代と性別を越えて使われています(筆者撮影)
スマホの普及で変わったことのひとつに、「いつも手元にカメラがある」ことが挙げられます。若い世代にとって、いつでも手軽に「いいね」を稼げる写真を撮れることが当たり前。しかしその裏にはテクノロジーの進化があるのです。今回は、若い世代を取り巻くカメラ事情についてお伝えします。

懐かしの「写ルンです」が人気

「修学旅行に行くから、パパにGoPro買ってっておねだりした」――ある女子高生の言葉です。最新モデル「HERO6」が5万円前後と女子高生には似つかわしくない価格のGoProを欲しがるなんて、意外に感じる方もいるでしょう。

この連載の一覧はこちら

スマホのカメラで毎日写真を撮る彼女たちは、「もっと良い写真を撮りたい」「もっと“いいね”が欲しい」と写真への探求に余念がありません。GoProは広角撮影ができるため、セルフィーでも周囲の景色がばっちり入ります。修学旅行やディズニーリゾートなど、女子高生たちが風景を入れたいシーンにもってこいなのです。Instagramで「#GoProのある生活」というハッシュタグを検索すると、91.8万もの投稿がヒットします。

Instagramでは写ルンですブームが起きている(筆者撮影)

もうひとつ、若い世代に人気のカメラがあります。それは使い捨てカメラの「写ルンです」です。大人世代には1986年に発売されたフィルムカメラが人気だなんてにわかに信じがたいのですが、若い世代、特にInstagramへの投稿が多い女性には、独特の風合いが支持されています。

写真からほのかに漂う昭和の香りやノイズのグランジ感が、まるでアプリでエフェクトをかけたような仕上がりだからです。

こちらもInstagramで検索したところ、「#写ルンです」のハッシュタグ付き投稿が43.2万。関連タグの「#フィルムカメラに恋してる」「#写ルンですのある生活」にも、「写ルンです」への愛を感じます。

次ページデュアルレンズなどスマホのカメラも進化
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。