女子高生が1回400円の「プリクラ」を撮るワケ

「現実カメラで他撮りされるのは地獄」

女子高生たちはなぜわざわざ有料のプリクラで撮影するのでしょうか(筆者撮影)
女子高生はセルフィー(自撮り)が大好き。セルフィーならスマホでも撮れるのに、あえて有料のプリクラを撮る理由はなぜなのでしょうか。女子高生のプリクラに密着したレポートを交えつつ、説明します。

“盛れる”自撮りアプリが人気

かわいい動物の耳や鼻、大きな目、ピンクの頬をした自撮り写真――どうやって撮っているかおわかりですよね。そう、カメラアプリ「SNOW」を使った自撮りです。

この連載の一覧はこちら

SNOWは2016年5月にApp Store無料総合ランキングで1位を獲得しました。2016年はSNOW以外にも、B612やBeautyPlusなどの“盛れる”自撮りアプリが注目を集め、女子高生のTwitterは動物系フィルターの自撮りだらけ。まさに“自撮り元年”という年でしたね。

約2年後の現在は、写真だけではなく、LINEのビデオ通話、ライブ中継アプリ、リップシンク動画アプリなどでも動物系フィルターをかけられるようになっています。お化粧好きな女子高生でも、気軽にすっぴんの顔を出すことができます。

すでに一般的なアプリのひとつになっているかと思いきや、2017年12月にプリキャンティーンズラボが発表した「2017年に流行ったアプリ」では、1位「Instagram」、2位「どうぶつの森 ポケットキャンプ」に続いて3位に「SNOW」がランクインしています。まだまだSNOW人気は手堅いようです。

次ページ女子高生は人に撮影してもらうことを何と呼ぶ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。