iPad、使ってわかった仕事道具としての強み

ApplePencilはプレゼン資料作りにも役立つ

iPad(第6世代、セルラーモデル)とApple Pencil。身近な価格でペンシル操作を最大限に生かせる、スタンダードマシンといえる(筆者撮影)

アップルは3月27日にシカゴで開催したイベントで、新しいiPad(第6世代)を発表した。価格は廉価版として登場したiPad(第5世代)並みに据え置きながら、Apple Pencilへの対応とiPhone 7と同じA10 Fusionプロセッサーを搭載し、処理性能やグラフィックス性能を高めた9.7インチディスプレーのタブレットだ。

上位モデルのiPad Proと比較すると、スピーカーの数やディスプレーの品質とサイズ、カメラ、薄さなどで劣る廉価版iPadという位置づけだが、見方を変えれば「Apple Pencilに対応するタブレットがおよそ半額に値下げされた」ということになる。

価格は32GBモデルで3万7800円(税抜)。教育機関や学生、教職員向けには3万5800円(税抜)で販売される。

Apple Pencilをより身近にしたデバイス

Apple PencilをiPadで試す最も手軽なアプリは「メモ」。ペン先でタップするだけで、すぐにノートとして利用できる(筆者撮影)

これまでApple Pencilに対応するiPad Proは、クリエイティブ向け、あるいは軽快に持ち運べる高性能タブレット、という意味合いが強く、価格も6万9800円(税抜)だった。そのことを考えると、iPad(第6世代)がApple Pencilをより身近にしたデバイスであることがわかる。

Apple Pencil人口が増えることにより、今後ペンシルに対応したアプリが増加していくことが期待できる。ただ、現状でも、Apple Pencilを仕事に取り入れるだけの十分なメリットがある。

ノートやペンなどの文房具の利便性も内包した新しいiPadを仕事で活用すると、何ができるのか。その使用体験について、ご紹介していこう。

次ページ標準アプリでも十分便利だ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼンリンが開発で先行<br>自動運転用の3D地図

地図情報首位のゼンリンが、巨大需要を見込む自動運転用の高精度3D(3次元)地図作成に挑む。成功すれば、ライバルを突き放す。首位の座をより強固なものとするのか。