アップルが「Siri」に込めるサプライズの正体

6月4日の開発者会議で何を発表するのか?

今年のアップル「WWDC 2018」の招待状は白を基調としたデザインだ(写真:アップル)

アップルは6月4日から8日まで、カリフォルニア州サンノゼにあるマッケンリー国際会議場で、世界開発者会議「WWDC 2018」を開催する。報道関係者にも招待状が配布され、初日の米国太平洋夏時間10時(日本時間6月5日午前2時)から、例年通り基調講演が行われることがわかった。ライブストリーミングも用意されるため、世界中からリアルタイムでの視聴が可能だ。

WWDCはソフトウエア開発者向けのイベントで、話題の中心はソフトウエアだ。iPhone・iPad、Apple Watch、Apple TV、そしてMac向けの最新OSが披露される他、アプリ開発者向けの新しい技術も明らかになり、秋の正式なOSリリースに向け、開発競争が活発になる。そのため、世界中の多くのソフトウエア事業者、ハードウエア事業者が注目する重要なイベントである。

昨年は多くのハードウエア新製品が登場

2017年のWWDCではiOS 11が登場し、機械学習と拡張現実を駆使したアプリ開発が可能となったほか、iPad向けにはDockや強力な画面分割によるアプリ活用機能が用意された。またApple Payには個人間決済を手軽にできるApple Pay Cashが用意されたほか、Apple Watchにはジムのマシンとワンタッチで連携できるGymKitが新機能として発表された。

前述のようにソフトウエア中心のイベントであるため、必ずしもハードウェアの新製品が出るわけではない。実際、「新ハードウェアの発表なし」という年もあった。

一方で昨年は、iMacシリーズ、MacBookシリーズの刷新、iPad Proの新モデル発表、HomePodとiMac Pro登場など、iPhone・Apple Watch・Apple TVを除くアップルの主力ハードウエアが登場した。

今年はどうなるだろうか。

次ページ新製品には期待できそう?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。