新iPhoneは予測どおり「マイナーチェンジ」

大画面モデルの名前は「テンエスマックス」

アップルは9月12日、特別イベントで新しいiPhoneを披露にした(写真:ロイター)

アップルは9月12日により大きなサイズのiPhoneとApple Watchを発表した。ウォールストリートの事前予測どおり、現行モデルからのマイナーチェンジにすぎなかった。

世界で最も株式時価総額が大きい技術企業であるアップルは、スマートフォンの世界的な需要が横ばいになる中で収益を上げる手段として、より高価なデバイスにアップグレードしようとしている。この戦略が機能したことにより、アップルは今年初めに1兆ドル以上の市場価値を持つ初の米国企業になることに成功した。

アップルは外観が同じでコンポーネントをマイナーチェンジするときに は、'S'という接尾辞を使用する。今回は、まさにそのマイナーチェンジであり、外観デザインは昨年のiPhone 8、iPhone Xと同じだ。

6.5インチモデルは「Xs Max」

新しいスマートフォンの名前は「Xs(テンエス)」で、5.8インチのスクリーンを持つ。これに対し、よりスクリーンが大きい6.5インチモデルが「Xs Max」、6.1インチモデルが「Xr」だ。価格は、Xsは999ドルから、Xs Maxは1099ドルから、Xrは749ドルから。

画面サイズが大きくなったApple Watch(写真:ロイター)

スマートフォンへの収益依存度を減らす方法を模索しているアップルは、Apple Watch Series 4シリーズも発表した。この新モデルは最新のiPhoneと同様、最先端のディスプレイを用いており、その画面サイズは現行モデルよりも30%以上大きくなった。

アップルは新しいApple Watchを包括的な健康機器として位置づけており、不規則な心拍を検出し、ユーザーが倒れたことがわかれば自動的に緊急通報を行う。これは、健康に不安を感じている高齢の顧客にアピールする可能性がある。米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている点も、アップルの強みだ。

FDAは、アップルと協力して、Apple Watchのアプリを開発すると述べた。FDAは、デジタルヘルスケア製品を開発しようとする企業のために規制緩和策を講じていると語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。