触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力

慌てず10月26日のXR発売まで待つべき?

9月12日に発表されたiPhoneの中でもっとも価格が抑えられた6.1インチの「iPhone XR」(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日、iPhoneとApple Watchの新モデルを公開した(参考記事:新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ)。

この中でまったく新しいデバイスとして登場したのが、有機ELディスプレーではなく液晶ディスプレーを備えた全画面スマートフォン「iPhone XR(テンアール)」だ。

iPhone全体の中での位置付けは?

2017年に登場した「iPhone X」は、これまでのiPhoneのアイデンティティともなっていたホームボタンを廃止し、表面すべてをディスプレーで覆ったうえで、画面上部にTrueDepthカメラを備え、顔認証のFace IDを実現。これを「今後のiPhoneのコンセプト」として紹介した。

サムスン電子のフラッグシップモデル「GALAXY Note 9」(写真:サムスンのホームページより)

2018年モデルでは、5.8インチの有機ELディスプレーを搭載するiPhone Xの後継モデル「iPhone XS(テンエス)」と、この画面を拡大した6.5インチの「iPhone XS Max(テンエスマックス)」が登場した。この大画面モデルの登場によって、ライバルとなるサムスン電子のフラッグシップモデル「GALAXY Note 9」に対抗できるとの見方が強まった。

一方で価格はiPhone XSが999ドルから、iPhone XS Maxが1099ドルからと、2017年モデルを維持した点は意外に受け止められた。

一方、価格を抑えた「iPhone XR」の登場で、ハイエンドモデルのiPhone XSシリーズからより手頃なiPhone XRというラインアップを構築でき、iPhone XRの魅力をより高める結果となった。

次ページ「XR」の特徴とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。