触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力

慌てず10月26日のXR発売まで待つべき?

9月12日に発表されたiPhoneの中でもっとも価格が抑えられた6.1インチの「iPhone XR」(筆者撮影)

アップルは米国時間9月12日、iPhoneとApple Watchの新モデルを公開した(参考記事:新iPhone、価格発表の瞬間に凍りついたワケ)。

この中でまったく新しいデバイスとして登場したのが、有機ELディスプレーではなく液晶ディスプレーを備えた全画面スマートフォン「iPhone XR(テンアール)」だ。

iPhone全体の中での位置付けは?

2017年に登場した「iPhone X」は、これまでのiPhoneのアイデンティティともなっていたホームボタンを廃止し、表面すべてをディスプレーで覆ったうえで、画面上部にTrueDepthカメラを備え、顔認証のFace IDを実現。これを「今後のiPhoneのコンセプト」として紹介した。

サムスン電子のフラッグシップモデル「GALAXY Note 9」(写真:サムスンのホームページより)

2018年モデルでは、5.8インチの有機ELディスプレーを搭載するiPhone Xの後継モデル「iPhone XS(テンエス)」と、この画面を拡大した6.5インチの「iPhone XS Max(テンエスマックス)」が登場した。この大画面モデルの登場によって、ライバルとなるサムスン電子のフラッグシップモデル「GALAXY Note 9」に対抗できるとの見方が強まった。

一方で価格はiPhone XSが999ドルから、iPhone XS Maxが1099ドルからと、2017年モデルを維持した点は意外に受け止められた。

一方、価格を抑えた「iPhone XR」の登場で、ハイエンドモデルのiPhone XSシリーズからより手頃なiPhone XRというラインアップを構築でき、iPhone XRの魅力をより高める結果となった。

次ページ「XR」の特徴とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT