触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力 慌てず10月26日のXR発売まで待つべき?

拡大
縮小

iPhone XRの最大の特徴は、価格をiPhone 8 Plus並みの価格に抑えたこと、そして6色のカラーバリエーションをそろえたことだ。

ブルーの正面と背面(筆者撮影)

ホワイト、ブラック、イエロー、ブルー、コーラル、そしてPRODUCT(RED)から選ぶことができる。赤モデルが発売当初からラインアップに入った点は、珍しいパターンと言える。

どの色も、ガラスとアルミニウムの色味にマッチングが取られており、異なる素材ながら一体感がある。正面から見ると、ディスプレーが本体の色のフレームで縁取られ、自分が選んだ色をつねに感じることができるのだ。

ホワイトとブラックはベーシックなデザイン

一方、ホワイトとブラックは非常にベーシックなデザインで、カラフルなデバイスを選びにくいという人にもiPhone XRのもう1つの魅力である価格重視のiPhone選びを可能にしている。

コーラルの側面(筆者撮影)

iPhone XRで非常に驚かされたのは、背面にある1つのカメラで、背景をぼかす「ポートレートモード」の写真撮影を実現した点だ。

ポートレートモードはこれまで、広角・望遠の2つのカメラを備えるiPhone 7 Plusで実現し、iPhone Xに引き継がれ、大画面・上位モデルの機能だった。しかしiPhone XRには1つのカメラしかないが、ポートレート撮影を楽しめるようになる。

この機能の実現には、実にアップルらしい背景がある。

次ページエンジンは「XS」と同じ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT