触ってわかった「iPhone XR」の不思議な魅力 慌てず10月26日のXR発売まで待つべき?

拡大
縮小

iPhone XRにはiPhone XSと同様の高速な読み出しが可能なイメージセンサーが採用された。また、1秒間に5兆回もの機械学習処理が可能なニューラルエンジンを備えるA12 Bionicも同様に搭載されている。

iPhone XRはこの5色で展開する(写真:ロイター)

この速いセンサーから取り込まれる画像データを、画像処理エンジンとニューラルエンジンが連携して処理し、シャッターを切る際に1兆回もの機械学習処理を行うという。そのため、遅延なく、被写体と背景を認識し、1つのカメラでのポートレートモードを実現しているのだ。

もちろん、1つのレンズでのポートレート撮影も、iPhone XRが初めてではない。ただ、ボケ具合を撮影してから調整することができる機能も追加されており、機械学習処理に長けたA12 Bionicとこれを活用するソフトウエア、背景となるカメラモジュールが連携している様子を見いだすことができる。

アップルの決算に影響を与える可能性

iPhone XRは、昨年のiPhone Xのように、先行する2つのモデルから遅れて発売される。アップルは10月19日の予約開始、10月26日の発売をアナウンスした。

価格は64ギガバイトモデルで749ドル、日本では税抜8万4800円。128ギガバイト、256ギガバイトの大きなストレージを選択することができる。

より価格が高いiPhone史上最大サイズのiPhone XSが先行して発売され、HDR再生に対応する有機ELディスプレー、背面のデュアルカメラ、ステンレススチールのフレーム、512ギガバイトのストレージなどの魅力が用意される。

ただ、A12 Bionicや背面の主たるカメラ、TrueDepthカメラといった基本的な性能はiPhone XRとiPhone XSシリーズで共通化されているため、安心して価格の安いモデルを選ぶことができる。

この販売スケジュールはアップルの今年度決算(2018年9月期決算)に微妙な影響を与える可能性がある。9月中に発売になるiPhone XSシリーズ販売台数の初速が、iPhone XRを待つことによって削がれる可能性があるのだ。2017年モデルでは大きく向上したデバイス1台あたりの平均価格を押し下げる圧力が働くことになりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT