「iPhone XS Max」、使ってわかった衝撃進化

写真やビデオ機能が驚くほど進化している

iPhone XS Max(左)とiPhone 8 Plus(右)(筆者撮影)

アップルは9月21日に、2018年モデルとなるiPhoneの第1弾「iPhone XS」シリーズを発売する。昨年モデルiPhone Xと同様の5.8インチ有機ELディスプレーを備えたiPhone XSと、6.5インチに拡大したiPhone XS Maxの2モデルについて、先行レビューをお届けする。

特にiPhone XS Maxは、大画面と高い品質のサウンド再生、そしてため息が出るようなカメラ性能を、かろうじてポケットに入れられるサイズに収めている満足度の高いデバイスだ。

デザインの違いは何か?

2018年モデルのiPhoneは昨年と同様3モデル登場したが、すべてが「X」の系統、すなわちホームボタンがない全画面モデルとなった。

10月26日に発売されるiPhone XR(8万4800円~)は、6.1インチの液晶ディスプレーを備えながら全画面を実現しているが、背面のカメラが1つになり、またディスプレーを押し込んで操作する3D Touchも省かれた。それ以外の内部の仕様に違いはなく、どのモデルでもこれから解説する高い性能を発揮する。

iPhone XSは昨年モデルのiPhone Xとまったく同じサイズながら、今回のテーマカラーであるゴールドが追加された。新色以外の外装の細かい違いは、3点見つけられる。

1つめは、端末上部・下部に新たなアンテナラインが追加されていることだ。これに伴い、底面のマイク・スピーカーの穴の数が非対称になっているのが2つ目の違い。そして3つ目は、iPhone Xよりもデュアルカメラの出っ張りがわずかに拡大されていることだ。

次ページうまく装着できなくなる可能性が高い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。