iPhone XRが廉価版じゃなく「本命」なワケ

アップル幹部のフィル・シラー氏に直撃!

「確かに、iPhone XSは最上位モデルであり、最高の体験を届けることを目指しています。しかし、iPhone XRが安いから劣るというわけではありません。実際iMacは登場以来、世界で最高のコンピュータですが、ラインナップの中でつねに最も高額のMacではありませんでした。iPod nanoもそうです。最高の音楽プレーヤーが、最上位機種ではなかったのです。

選択肢が限られ、価格の制約もあるのが常です。そうした中でこそ、製品はより磨かれていき、多くの人々に受け入れられてきた、それがアップルの歴史なのです」

1つのカメラによるメリットも

シラー氏も認めるとおり、価格を抑えるため、さまざまな工夫を凝らしているのがiPhone XRだ。その最もわかりやすい点がディスプレーだが、1つしかないカメラも見てすぐわかるコストカットの結果と言える。

しかし、これによってメリットが生まれているという、興味深い話があった。

「iPhone XRには、光学的な望遠レンズを備えていない、26mm/f1.8(35mm換算)のカメラを1つ搭載しました。これまでポートレートモードは、2つのカメラで被写体を認識していましたが、iPhone XRでは1つのカメラと機械学習のアシストで被写体を切り出し、背景をぼかしています。

ここで、iPhone XSより優れている点が生まれます。結果的にはiPhone XRの利点としては明かりが少ないところでポートレート撮影をするとき、iPhone XR のレンズのほうが光を取り込むことがよりできる、ということになるのです」(フィラー氏)

iPhone XRは1つのカメラながらポートレートモードではメリットも用意された(筆者撮影)

確かに、iPhone 7 Plus以来、望遠レンズはf2.4で、決して暗くはないが、夜のポートレートモードを撮ろうとすら思わなかった。被写体が暗すぎてうまく撮影できなかったからだ。しかしiPhone XRでは、明るいワイドカメラでそのままポートレート撮影ができる。友人とポートレート撮影を楽しむ若者にとっては、むしろiPhone XRのほうが優れた性能を発揮するのだ。カメラごと、メーカーごとに、得手・不得手がある。これと同じで、より迫力のあるポートレートならiPhone XS、ローライトのポートレートならiPhone XRという選択肢を与えているのだ。

「一眼レフカメラに限らず、すばらしいカメラはそれぞれのスタイルを持っています。良い悪いではなく、“カメラの個性”なのです」(フィラー氏)

iPhone XRは廉価版でありながら、昨年のモデルが存在していたiPhone XS以上に丁寧にくみ上げられている。シラー氏がiMacやiPod miniを挙げたように、廉価版だからただコストダウンをするのではなく、そうした制約を個性へと昇華させ、より多くの人々に受け入れてもらう「飛躍」を狙う戦略的な製品であることがわかった。

そのうえで、シラー氏はアップルが設定するスマートフォンの高いスタンダードに触れてほしいと語る。

次ページ「品質」だけではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。