ピアノ演奏に残された「飛躍的な進化」の余地

「身体の使い方」が進化のカギを握っている

脳科学が音楽にもたらす影響についての研究を進める古屋晋一博士が目指すところとは(写真:ソニーCSL)
11月11日、「ピアノ演奏がもたらす効果〜最先端脳科学の視点から〜」という刺激的なタイトルを掲げたイベントが、天王洲のスタインウェイ&サンズ東京で開催された。
テーマとなったのは、“音楽が脳や身体にもたらす良い影響”や、“ピアノを学び演奏することがもたらすメリット”について。近年さまざまな研究が進むこれらのテーマについての講師を務めたのは、ピアノ演奏と脳の動きを研究している医学博士の古屋晋一氏。自らもピアニストとして活動する38歳の若き研究者だ。
当日の参加者にピアノ教師やピアノ学習者などピアノ関係者が多かったこともさることながら、柔らかな関西弁で語りかける古屋博士のトークが破格の面白さであることでイベントは白熱。熱心な質問が飛び交う極めて充実した時間であったことが記憶に残る。見方を変えれば「脳科学」という言葉に対する一般的な好奇心がいかに高いかということを実感したイベントでもあった。 
ちなみに古屋博士の著書『ピアニストの脳を科学する〜超絶技巧のメカニズム』(春秋社刊)は、2012年の発売以来すでに22刷を記録。これはクラシック関連書籍として異例のヒットだ。イベント当日のテーマなどについて詳しく知りたい方はぜひお読みいただきたい。
さて、脳科学が音楽にもたらす影響についての研究を進める古屋晋一博士が目指すところはいったいどこにあるのだろう。持ち前の好奇心とピアノ好きの本性が頭をもたげ、古屋博士が所属する「ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)」を訪ねてみた。ソニーCSLとは「人類の未来のための研究」を掲げるソニーの研究機関で、現在20人以上の研究者がさまざまな分野の研究を行っている。この最先端研究機関で古屋博士に話を聞いた。

日本人の演奏技術を進化させることが目標

――どのような研究をしているのでしょうか。

古屋:音楽の研究には、“音楽知覚認知科学”と“音楽療法”、そして僕の専門である“演奏科学”の3つがあります。

この連載の一覧はこちら

“演奏科学”というのは、簡単に言えば“どのような練習をしたら効率的か”ということです。僕の目標は、科学の応用によって日本人の演奏技術を進化させること。そしてピアニストの腕の故障やジストニア(運動障害の一種。神経系の異常で手足が思うように動かなくなる病気。ピアニストの発症例が多い)をなくすことです。

次ページ何が問題となっているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。