生誕100年、バーンスタインの凄すぎる生涯

大物音楽家たちがその才能に惚れ込んだ

バーンスタインは多くの人々との間にすばらしい人間関係を築きあげた(写真:Everett Collection/アフロ)

2018年8月25日は、レナード・バーンスタイン(1918-1990)の生誕100周年記念日だ。没後100年を迎えたドビュッシー(1862-1918)と共に、2018年のクラシック界の顔であるバーンスタインは、作曲家、指揮者&教育者として20世紀のクラシック界に大きな足跡を遺した人物だ。

この連載の一覧はこちら

指揮者としてのバーンスタインは、“楽壇の帝王”ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)と並び称されるスーパースターとしてクラシック界を席巻した。指揮台の上で躍動するエネルギッシュな指揮ぶりと親しみやすい人柄は、クールでエレガントな完璧主義者カラヤンとはまさに好対照。「レニー」の愛称で呼ばれながら、多くのファンに愛されていた姿が思い出される。

一方、作曲家バーンスタインの実績もすばらしい。クラシックにさほど興味のない方でも、ミュージカル&映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の名は聞いたことがあるのではないだろうか。シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」の舞台を1950年代のニューヨークに置き換えた大ヒットミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」の音楽は、バーンスタインの代表作だ。

豊かな人間関係に満ちたその人生

バーンスタインの生涯は実に豊かな人間関係に満ちたものだった。

小説「星の王子さま」で名高いサン=テグジュペリ(1900-1944)による「人間にとっての真の贅沢とは、人間関係における贅沢だ」という言葉がそのまま当てはまりそうなバーンスタインとはいったい何者だったのだろう。人懐こい性格ゆえに、多くの人々との間にすばらしい人間関係を築きあげ、輝かしい才能ゆえに、さまざまな人物からの手厚い援助を受けてきたバーンスタインは、これらのチャンスを糧としながら20世紀を代表する音楽家へと登りつめていったのだ。

次ページ大物たちとの深い付き合い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT