生誕100年、バーンスタインの凄すぎる生涯

大物音楽家たちがその才能に惚れ込んだ

バーンスタインに手を差し伸べた存在としてもうひとり忘れられない存在が、“マドモワゼル”の愛称で親しまれたフランスの音楽教師ナディア・ブーランジェ(1887-1979)だ。

ストラヴィンスキーやラヴェルと交流し、夭逝の天才ピアニスト、ディヌ・リパッティ(1917-1950)や、20世紀アメリカを代表する作曲家アーロン・コープランド(1900-1990)、さらには洋楽界の生きる伝説クインシー・ジョーンズ(1933-)など錚々たる才能を育成した名教師ブーランジェにとっても、バーンスタインは特別な弟子の1人だったのだろう。

惜しみない愛と教養を注いでくれた“マドモアゼル”に宛てたバーンスタインの手紙には「あなたから受けたすべての恩義は決してお返しできないほどです」と書かれている。

下品なまでの快楽主義者、夢見るヒューマニスト…

「私の人生にとって大切なものは2つある。それは音楽と人生だ。どちらが好きかと聞かれても答えられないね」。これはバーンスタインが自分について語った言葉だ。まさに音楽と人生を愛したバーンスタインならではの一言だ。

それにしてもバーンスタインとはいったい何者だったのだろう。この質問にふさわしい答えとして、『偉大なる指揮者たち』の著者クリスチャン・メルランの文章を引用しておきたい。

曰く「バーンスタインは、何事にも過剰で旺盛なエネルギーがみなぎっていた。下品なまでの快楽主義者、普遍的教養を身につけた知識人、カリスマ的指揮者、有名作曲家、熱血教育家、夢見るヒューマニスト、自己破壊にいたるほどの享楽家、マルチリンガルの世界市民。バーンスタインには、聖書の登場人物を思い起こさせるような何かがあった」。

人を愛し愛され、“手を差し伸べられることの意味と意義”を知っていたバーンスタインだからこそ、多くの人々が彼を慕ったに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT