成果を出す人は「緊張度」を使い分けている

銅メダル・卓球女子勝利のカギもそこにある

あなたは「本番に強い」タイプですか?(写真:bst2012 / PIXTA)

「適度な緊張感」が最大のパフォーマンスを引き出す

リオ・オリンピックでは日本代表選手が大活躍し、合計41個のメダル数という過去最高の結果となりました。自己ベストを出した選手が多数いましたが、これはのびのびとプレーできたから、つまり、「適度な緊張状態」で試合に臨めた結果ともいえます。

なかでも、卓球女子団体のチームワークは特筆すべきではないでしょうか。主将として、精神的支柱になり、チームをまとめた福原愛選手。日本のエースとして、どんなときも自分と仲間を信じて、団体戦の出場試合で全勝して結果を出した石川佳純選手。初出場のオリンピックで「まったく緊張などしてないです」と、強気の姿勢を保って、実力を発揮した伊藤美誠選手。

性格、個性、卓球スタイル、年代も違う3人それぞれが、アドバイスしあい、鼓舞しあい、カバーし合い、ときにはリードしたことで得られた銅メダル。きっと、その背景には適度な緊張状態があったはずです。そしてそんな状態のときに、アスリートは、最大のパフォーマンスを発揮できるのです。

契約上すべての方のお名前を明かすことはできないのですが、筆者はオリンピック選手をはじめ、日本大学馬術部を二度の全国優勝に導いたりと、過去50人を超えるトップアスリートのメンタルサポートをしてきましたが、その中で「適度な緊張状態」が、試合当日の発揮力アップのための鍵だったのです。

次ページ「火事場の馬鹿力」頼りでは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。