卓球男子が超速で「世界最強」に近づいた理由

悲願の「中国超え」も夢ではない

リオオリンピックの卓球男子シングルスで銅メダルを獲得した、水谷隼選手(写真:Gonzalo Fuentes/ロイター)

まさか、こんな日が来るなんて!全国の卓球ファンにとって、今回のリオオリンピックはまさに「夢にまで見た瞬間」が訪れた奇跡のような大会だった。その主役はもちろん、男子シングルス及び団体戦に出場した水谷隼選手である。

きっと忘れることのないその瞬間は8月11日に訪れた。水谷はベラルーシ代表のウラジーミル・サムソノフ選手を4対1で下し、日本人として卓球シングルスで初めての銅メダルを獲得したのだ。さらに男子は団体戦でも技が冴え、銀メダルに輝いた。一方、女子はシングルスではメダルを獲れなかったものの、団体戦では銅メダルを獲得。この活躍に多くの国民が注目し、女子団体の3位決定戦の瞬間最高視聴率は22.3%(関東圏)を記録したほどだ。

私自身、6歳からラケットを握り、競技者として27年間卓球と関わってきたが(過去にはインターハイなど全国大会への出場、また国際親善試合にも出場)、今大会ほど胸が熱くなったことはない。特にシングルスでのメダル獲得は、私のような卓球競技者、そして卓球ファンにとっては夢そのものだった。

いつの間にこんなに強くなかったのか

しかしながら、いつから日本卓球界はここまで強くなったのだろうか。2012年のロンドン大会では、女子団体で史上初の銀メダルを獲得したものの、シングルスでは、男女ともにメダルを獲得することができず、男子にいたっては、準決勝にすらコマを進めることができなかった。(男子団体は、香港に準々決勝で敗退、男子シングルスは、岸川聖也選手の準々決勝進出が最高)。

つまり、わずか4年間で日本選手たちは驚くべき成長を遂げたと言っていい。以下、考えられる理由を3つ挙げてみた。

まず一つ目は、若手の育成が急速に進んでいることだ。男子団体に出場した水谷(世界ランキング6位)、丹羽(同22位)、吉村(同21位)の3選手のうち、丹羽(21歳)と吉村(24歳)は、いずれも20代前半と、現在の日本卓球界は若手選手の層が非常に厚くなっている。

次ページ世界ランキングトップ50入りの選手がゴロゴロ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT