「自分に才能がない」と嘆く人の残念な勘違い

人は「結果」に合わせて事実を「物語」にする

「才能がある/ない」は簡単に割り切れるものではありません(写真:Kosamtu/iStock)

「あの人が成功したのは才能があったからでしょう?」

「地アタマがよかったんでしょ?」

想定外の成果が出たときや、自分が絶対にかなわない人に出会ったときに、割と人は「才能」とか「地アタマ」という言葉を使うようです。

二元論的に人を分ける考えは間違いだ

10代の頃から「才能って何なんだろう?」と思っていた僕は、アメリカの大学に留学して心理学を学び、日本へ帰国してから学習塾の講師を務めることになります。

そこで、まず取り組んだのが、「才能がある/ない」「頭がいい/悪い」「地アタマがいい/よくない」というように二元論的に人を分ける考えは間違いだ、ということを証明することでした。誰もがついつい、こうやって言葉で分けてしまいがちですが、そんなに簡単にどちらかに割り切れるものではないはずです。

証明するためには、きっちりデータを取り、数字などを使って明確に示さなくてはなりません。そこで僕がやったのが、塾での指導の記録を全部取ることでした。

生徒さんにどんな課題を与えたのか。その結果がどうだったのか。そこでどんな声かけをしたのか。面接で何を話したのか。最終的な合否はどうだったのか。もうありとあらゆることを記録していったのです。

僕はたくさんの生徒さんと出会ってきたので、「勉強ができる子」も「できない子」も「勉強しているけれど成績が伸びない子」も「急激に勉強が好きになった子」も「うちの子はやる気になればできると思っている親御さん」も見てきました。

そうしているうちにいろんなケースが集まってきて、気づけば1000人以上のデータが取れていました。

そのデータを丹念に見返してみると、塾へ来た最初の段階で「才能がない」「地アタマがよくない」「頭が悪い」「やる気がない」と言われていた生徒さんでも(そう決めつけるのは、たいてい親御さんです)、一流大学に合格しているケースがたくさんあったのです。

こうして、かなりの人数分のデータを丹念に見ていって、僕は確信しました。

それは、才能というのは、結果でしかないということです。

次ページ「才能がある」と言われている人たちの共通点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT