「自分に才能がない」と嘆く人の残念な勘違い

人は「結果」に合わせて事実を「物語」にする

拙著『才能の正体』でも詳しく解説していますが、いわゆる「才能がある」と言われている人たちには共通点があります。

彼ら、彼女たちはみんな努力をしていることです。

多くの人は、"あまり努力をしなくてもできちゃう人"のことを「才能がある」と言いがちではないでしょうか。

でも、その考え方が根本的に間違っていることに、僕は気づいたのです。

人間というのは他の動物に比べて本質的にもともと頭がよくて、脳の構造から見てもとても優秀です。つまりすべての人が、優秀と言われる可能性をもともと持っているのです。

だとしたら、いったいどこで差がつくのでしょうか。

「才能がある」と言われている人たちの「正しいやり方」

たくさんの子どもたちを見てきて言えるのは、勉強のやり方が間違っていたり、うまく継続できなかったり、動機づけができなくて意欲が湧かなかったり……など、いろいろな理由で、上達していかないことがあるんだということです。

いきなり本質的なことを言いますが、自分に合っていない、ふさわしくない場所でいくら頑張っても、物事は身に付きません。

「才能がある」と言われている人たちは、"その人に合った"動機づけがまずあって、そこから"正しいやり方"を選んで、"コツコツと努力"を積み重ねている。

そしてきっちりと結果を出して、そのときに初めて「才能がある」という状態になる。正確に言えば、「才能がある」と言われるようになる。

周りの人たちは、その人が"努力してきた部分"をすっ飛ばし、目に見えている結果だけを見て「だって地アタマがいい人だからでしょ?」「才能のない自分にはできるはずがない」「才能は生まれつきだから」と頭ごなしに決めつけてしまいます。

しかし、それは間違いです。

「氷山の一角」という言葉がありますが、水面よりも上に出ている部分は、全体の約1割だと言われています。その下の9割に、血のにじむような努力があってこそ、氷は浮いていられるのです。

名門の中高一貫校に合格した、早稲田大学に受かった、東京大学に受かった、医学部に受かった、ハーバード大学へ留学した、弁護士になった、本を書いてミリオンセラーを出した、すごい発明をして世界を変えた、起業して株式公開をして大金持ちになった、ノーベル賞を受賞した……などなど、いずれも"結果だけ"を見て、この人は「地アタマがいい」「才能がある」と言っているのです。

こう説明すると、皆さん、ハッとするようです。

世間では、どんな人であっても、結果が出たら「元がいい」「地アタマがいい」と言われ、結果が出なければ「もともと才能がない」と言われるのです。受験までに驚くほど偏差値が上がっていたとしても、です。

人は結果しか見てくれない、結果からしか判断しない、ということなのです。

このように多くの場合、「結果」が才能の有無の判断基準になります。これはつまり、結果によって、過去の解釈もすべて変わってしまう、ということでもあります。 面白いことに、「いい結果」が出ると、その人の過去にやっていたことが、"すべて"ポジティブな見方でとらえられるようになってしまいます。

次ページ彼はどんな子どもだったか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT