40代でやっと悟った親との楽な「付き合い方」

親にだって親の人生や肩書がある

山田:そうですかねー。最近うちの奥さんが気遣って、僕の両親に電話したらしいんです。今度そちらまで迎えに行きますから温泉行きませんか、娘も連れていきますので、みたいな感じで。そしたら電話口の親父が「今おかんは、家から出ると心臓止まってしまうから、無理だ」と。

いや、どんな状況やねんと。

スー:おやおや? 

親には親の人生があり、親という以外の肩書がある

山田:家出たら心臓止まる……体調が悪いのはうそじゃないでしょうが、牽制が過ぎるんですよ。

『一発屋芸人列伝』(新潮社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

やっぱり向こうも僕に対して距離がある。

親子共に、アウトボクサーなんです。

でも、あと何年かしたら確実に両親も老い、死んでいくわけで。

後悔にさいなまれるんじゃないかという恐怖心はすごくある。

スー:うちの父は、母が大きな手術をする時に立ち会えなかったんですよね。自分も病気で入院してたから。十分なケアができなかったと、いまだにずっと、昨日のことのように悔いるときがいまだにあって。それを見てると、うわっつらい、と思っちゃう。

だから自分が後悔したくないという保身でもあるんですけど、ある時から親の甘やかしがすごく楽しくなってきたというのもあります。

以前は親が子である私の世話をすべきという認識だったので、父親に対しても「あなたは親としてやるべきことをやっていない」という気持ちが強かったんです。でも、親には親の人生があって、親と子という肩書以外の顔があるんだっていうことがわかったんです。

それからは、子が親を甘やかしてもいいんだっていう視点に変わりました。親の甘やかし、何の責任もないから超楽しいんですよ。人んちのイヌとかネコみたいな感じで、別に教育とかしなくていいしみたいな。

山田:そんなかわいがり方(笑)? でもわかります。僕も両親に娘見せたるわ言うて東京の病院呼んだ時、いろいろ親に迷惑かけてきたので、お恥ずかしながら50万くらい渡したんです。その時ものすごく気持ちよかった(笑)。精神衛生上いいことしてるなっていう感覚は確かにあった。

次ページ頑張らないと結局親に似てしまう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。