40代でやっと悟った親との楽な「付き合い方」

親にだって親の人生や肩書がある

山田:僕はその頃はもう、ガッツリ引きこもり生活に突入してたので、ちょっと得したなという思いもある。というのも、対立関係となった両親の間で、ある時は父親の側について「いやあ晩飯が緑のたぬきだけって堪らんよなあ」みたいなことを囁いてみたり、ある時は母親の側について「家が大変なときに、親父ないわぁー……」とか言ってみたり。まあ、大変なのは僕のせいなんですけど(笑)、コウモリ的にうまく立ち回って、自分のポジションを確保するという。

スー:どうやって収束したんですか?

おかんの味ではなく、愛人の味だった!

山田:息子が引きこもっているだけでも辛気くさいのに、親父の不倫で自尊心はズタボロ……母も限界だったんでしょうね。

山田ルイ53世/本名・山田順三(やまだ・じゅんぞう)。兵庫県出身。お笑いコンビ・髭男爵のツッコミ担当。 地元の名門・六甲学院中学に進学するも、中学2年の夏に引きこもりになり中退。約6年の引きこもり生活を経て大検合格。愛媛大学法文学部に入学も、その後中退し上京、芸人の道へ。現在はラジオパーソナリティを務めるほか、ナレーション、コメンテーター、執筆業、イベントなどでも幅広く活動中。著書に『ヒキコモリ漂流記 完全版』(角川文庫)など(写真:新潮社写真部)

僕、隣町のアパートで1人暮らしをすることになったんです。まあ実家から追い出された形です。そしたら親父がやたらとタッパーに肉じゃがみたいなの詰めて持ってくるわけですよ。

内心、おかんが作ってくれてるんやろなと思って食べてたら、ある日、親父の後ろに不倫相手の女性が立ってる。「お父さんにいつもお世話になっております、これよかったら食べてください」とか言って、見たらいつものタッパーなんですよ! ずっとおふくろの味やと思ってたのに(笑)。

スー:愛人の味だった。

山田:僕のこと家から追い出したけど、やっぱり母親だ。息子の体を気遣ってくれてるんだと思ってたら、愛人の手料理だったという。その時は、僕も思春期で青かったんでしょうね。「どういうことやねん、これ」とカチンときて、肉じゃがをトイレに捨ててジャーって流したった。愛人は泣きながら飛び出していく。そしたら親父も女を追いかけて飛び出していったんです。

スー:追いかけちゃった(笑)。

山田:その時に、親との間に線引きができたというか、親といえども他人、別の人間なんだなという気持ちがね、なんかありました。

スー:お母様は山田さんに家を出ていくように言ったあと、どうされてたんですか?

山田:いや、多分もう本当につらかったんだと思う。その時は。子どもって親の人生をどこかちょっと「もう終わった」みたいに思いがちじゃないですか。親っていう生き物を。でも自分が親になってみると、まだまだ充実して生きていきたい。当たり前ですが。

当時僕が長いこと引きこもって、いろいろ変わってしまったせいで、母も追い詰められて、とにかくいったん、目の前からいなくなってほしいとなったんでしょうね。

次ページ父親と母親、どちらと残されたらハード?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。