反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

転がり、泣き叫ぶ小5の息子に疲弊する母

子どもが反抗期を迎えて手におえません(写真: parinyabinsuk / PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

反抗期の小5男の子を持つ、母です。極度の面倒くさがりで、興味対象が少なく、諦めが早いです。日常、宿題→やりたくない→寝転がる→そのまま1~2時間ダラダラ→「やりたくない」「できない」と泣き出す。寝転がる→私が注意する→キレる→悪態をつく→うるさいこと言われたからやりたくない→物を投げる→泣き叫ぶ……という感じです。そのあと、落ち着いて宿題をやると、15分もしないで終わります。「お母さん、終わった、明日からはちゃんとやる」と言いますが、次の日も同じことの繰り返しなのです。
プライドが高く、完璧主義ですが、努力はしません。なので、勉強することよりも、間違いを直すこと、覚えるために字を書くことが嫌いです。
私も、手をかえ品をかえするのですが、やはり、最終的に息子の態度に怒ってしまいます。反省してはいるのですが、やはり、リモコンを投げつけられたり、棒を振り回されたりすると、捕まえて手を上げてしまうことも……。本当に一筋縄ではいかないのですが、どうしたら、逃げ出さない、壁に向き合うことを理解させられますか?
(仮名:伊藤さん)

不正解を避け、様々な方法を試す

かなり大変な毎日のようですね。お子さんを何とかして、「理想的状態にしたい!」という気持ちがよく感じられます。その親の愛情を受けて育つ子は幸せです。しかし、アプローチを間違えると日々、親子共々つらいだけになってしまいます。

この連載の記事一覧はこちら

子育て・家庭教育の方法に絶対唯一の正解はありませんが、不正解はあります。つまり、適切な子育てのアプローチは多種多様ですが、一方でこれはやってはいけないといういくつかの不正解はあるのです。その不正解さえ避けておけばあとは、様々な方法を試してみるといいでしょう。

次ページ不正解とは何か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。