反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

転がり、泣き叫ぶ小5の息子に疲弊する母

「諦める」とどうなると思いますか。もっとひどいことになると思われるかもしれませんが、そうはなりません。逆の現象が起こり始めます。

実は、こうしたケースをそれこそ数多くみてきました。親が何とかして子どもを勉強に向かわせたい、不登校で早く学校に行ってもらいたい、宿題をきちんとやる子になってもらいたい、と親が強く思えば思うほど、それとは逆の現象が起こるというものです。

笑い話のようですが、実話で次のようなことがありました。

押し付けると反発し、引くと寄ってくる

毎日毎日子どもに勉強することを強制し、やっているかどうか管理しているママさんがいました。そのママさんの口癖は「この子は言わないとやらないので、私が管理しないといけないのです」と。

やがて、子どもが大きくなり中学生になって思春期・反抗期に入りました。すると、親の強制に反発していきます。それでもそのママさん、“頑張り”ました。そして頑張れば頑張るほどお互いつらくなっていきます。そのうち親も疲れ果てて、子どもを自分の枠に入れることを諦めたのです。すると、子どもは自主的にやるようになっていったのです。不思議ですよね。押し付けると反発するし、引くと寄ってくる。人間関係も物理学の力学の法則と同じようなことが起こります。

もしどうしても「諦めることができない」というのであれば、今後もこの“格闘”がずっと続くことを覚悟するしかありません。

でも、少しでも「諦める」ことができるなら、ぜひ試してみてください。もちろんやるからには、本気で諦めなければなりません。表面的に諦めているだけなら、すぐに元に戻ってしまいますから。

ただし、この「諦める」というのは、親が今子どもにかけている過剰な期待を諦めるのであって、子育てを諦めるとは異なります。そこは間違えないようにしましょう。

日常は子どもと楽しく会話をして、信頼関係を作ってください。子どもの変化に驚くことになるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT