「私立小か公立小か」で迷う親が見落とす視点

ネガティブ要因で判断していませんか?

私立小学校がいいのか、公立小学校がいいのか、悩んでしまう気持ちはわかります(写真:ziggy_mars/iStock)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

うちの子はまだ4歳の年中なのですが、小学校を公立に入れるか、私立に行かせるか迷っています。小学校から私立の小中高一貫校に入れるか、公立で中高一貫校に入れるか……。まだまだ先の話ですが、何事も小さいうちからと思い、本当に悩んでいます。
性格は慎重で、自分からグイグイ前に出るタイプではありません。年中になりクラス替えでなじめないみたいで、毎日朝に泣いています。勉強は好きなようで毎日1回は迷路や数字、今は平仮名を私と一緒にしています。
(仮名:森山さん)

今の状態が今後も同様に続くとは限らない

私立の小学校か公立の小学校かというご相談ですね。今まだ、4歳ということですが、わが子の一生の問題と考えると真剣に考えてしまうということもよくわかります。

この連載の記事一覧はこちら

本論に入る前に、森山さんが「私立か公立か」と考える背景に、お子さんの性格のこともあるように感じましたので、まずはその点について少しお話しします。

森山さんは、お子さんが今、「自分からグイグイ前に出るタイプではなく、クラス替えでなじめず毎朝泣いている」ということから、公立の小学校ではやっていけないのではないかと懸念されているような印象を受けました。しかし、今はまだ4歳です。幼稚園の今の状態が今後も同様に続くとは限りません。

次ページ「なぜクラスになじめないのか」を考えてみる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT