「私立小か公立小か」で迷う親が見落とす視点

ネガティブ要因で判断していませんか?

重要なことは、「なぜクラス替えで毎朝泣いているのか」ということですね。「クラスになじめない」ということですが、さらにもう一歩進んで、「なぜクラスになじめないのか」を考えてみるといいでしょう。その際、親が考えるとどうしても主観(たとえば、「うちの子は悪くない、周りの環境の問題」「もともとの小さい頃からの性格」など)で判断してしまう可能性があるため、幼稚園の先生の判断も聞いてみましょう。その時には質問の仕方が大切になります。

【本当の原因を探る質問の仕方】

「うちの子はどうしても今のクラスになじめないようなのですが、どうしたらいいでしょうか?」(×)

→ この質問は、「なじめていないことが原因 → 対策が欲しい」というようになっていますね。しかし、なじめていないことは実は結果で、原因ではないのですね。

「うちの子は今のクラスになじめていないように感じるのですが、先生から見てなじめない原因って何かあるでしょうか」(○)

→ この質問であれば、「なじめていないという現象の裏には、それを引き起こす原因があるだろう」という前提で質問していますから、幼稚園の先生は、その原因に意識がフォーカスされるので、思わぬ「原因」が出てくる可能性があるのです。

以上のようにして、今のお子さんの状態を引き起こしている原因を確認してみるといいでしょう。えてして、親が考えているほど大した問題ではないことが原因だったりします。「好きな友達と離れてしまった」「運動会の練習がいやだ」といった一過性の問題であることがほとんどだったりします。ちなみに筆者も幼稚園時代、行きたくないと泣いていました。理由は「お遊戯の練習がバカバカしくてやっていられない」ということだったようですが、その後、なぜか幼稚園に楽しく行くようになったらしいのです。

それぞれにメリットとデメリットがある

現状の問題についてはこのようにして確認するとして、本論に移りましょう。

私立小学校がいいのか、公立小学校がいいのか、これは人さまざまです。どちらにもメリットがありますし、デメリットがあります。

また、私立小学校と一口に言っても、中学受験を前提にしている学校もあれば、思考を重視したり、グローバル教育を重視していたり、学校によって特徴はさまざまです。また私学なのでそれぞれ特徴を持って選抜をしているため、似たような子どもたちが集まる傾向もあります。

公立の場合は、基本的には全国一律どこでも同じような教育を受けられるように教育内容は設計されています。学校内は社会の縮図のようになっており、多種多様な環境の中で学ぶことになります。勉強面では明らかに私立小学校のほうが高度で内容も充実しているでしょうが、公立小学校に通いながら、塾や習い事で学力を補強し、子どもを中学から私学へ進学させる家庭もたくさんあります。

次ページポジティブな理由を基に判断するべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT